2018年10月4日vs東京ヤクルトスワローズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 



【試合展開】

阪神の先発は青柳、ヤクルトの先発は星で始まる。ヤクルトは山田とバレンティンが休養で飛車角がいない状況。両先発共に立ち上がりから好調。均衡が崩れたのは4回表、青柳は2アウトまでアッサリと取りますがヤクルト奥村のファーストファールフライをナバーロが落球し、この後に奥村がヒットを打ち出塁。次の8番バッター中村が四球で繋ぎ9番のピッチャー星がまさかのライト前タイムリーヒットでヤクルト先制。阪神も反撃で5回裏に梅野の四球からチャンスを作り代打の鳥谷がタイムリーヒットを打ち同点とする。ここから8回までお互い無得点で進みます。9回表、阪神はドリスが登板し2アウトまで簡単に取りましたが奥村にまさかのソロホームランを浴び試合が決まる。1-2で阪神の負け。スカイAの野球中継のレポートを参考に書いています。

 

【金本監督の試合後のコメント】

―何とか甲子園で勝ちたかったか?

金本 もちろん。打線ですね。見ての通り。点がやっぱり取れませんね。

 

―先発青柳について

金本 青柳の失点はよく投げたと思うけど、もったいなかった。

 

―5回裏の鳥谷の代打タイムリーについて

金本 あれでいけると思ったんだけどね。

 

―CSの可能性が消えたが

金本 それは受け止めます。

 

―来季の課題は?

金本 まず打線でしょうね。全部じゃないですか。全てを立て直していかないとね。

 

 

【鳥谷の試合後のコメント】

鳥谷 打ったのはフォーク。(2065安打の球団記録については)今まで積み上げてきた結果でこれからもやるべきことは変わりません。

 

 

以上です。

問題は山積なんですけど、打線がヤバいと考えるならドラフトは素材型の高校生野手の方がいいでしょう。

おすすめの記事