2018年6月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.日ハム戦で雨の中の登板で6回表にコールドゲームになりながらも今シーズン初勝利をようやくあげた横浜DeNAベイスターズの今永昇太について元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日の今永の投球内容】

5回94球、被安打6、被本塁打1、奪三振7、四死球2、失点3

今季1勝3敗 防御率9.00 (6/10の試合終了時点)

 

 

アナ DeNAがこのカード3連勝で勝率を5割に戻しました。そして、今永投手が今シーズン初勝利です。

 

岩本 えぇ。豊さん、やっとという言葉も当てはまるんですが、今永の今日の勝利をどうとらえられますか?マウンド上でまだちょっと自分と戦っている姿というのが見えたんですけども。

 

高木 そうですね。まあ、非常に頭のいい子なんで、どちらかと言うと完璧を目指すというか。

 

岩本 はいはい。

 

高木 もうキッチリとやりたいという感じを性格的に受けるんですよね。近藤に打たれたホームランだとか、そういうのはやっぱり納得できないんじゃないかという気はしますよね。あれはツーナッシングからだったでしょ?

 

岩本 そうですね。でも、豊さんが性格の話をされて僕はスゴく納得しました。今日このゲームを見ていたんですけども、スゴく頭の中で色んな事を描き過ぎなんですかね。

 

高木 そう。

 

岩本 ということは、いい事も描けば、ネガティブな事も描きますよね。そこで迷いが生じているのかなと思っていたんですよ。

 

高木 だから、時々、パッと空を見ながら、ちょっと考えた仕草をするでしょ。

 

岩本 はい。

 

高木 多分、そういうのじゃなくて、もうちょっとゲームに入っていけばいいのになっていう感じはしますけどね。

 

岩本 うーん。でも、この1勝でガラっと頭の中もクリアになって。

 

高木 ピッチャーってそんな感じに変わります?

 

岩本 白星は最高の良薬と言われますね。

 

高木 じゃあ、大丈夫じゃないかな。まあ、バッターだと調子の悪い時にヒット1本が出ると流れが変わってくるよね。

 

岩本 Hマークが良薬になりますよね。

 

 

以上です。

開幕して2ヵ月ちょっとで初勝利は遅すぎますけど、今永は考え過ぎな感じはあるかもしれませんね。試合後のコメントも考え込まれていますしね。この勝利が今後も続けばいいのですが。

おすすめの記事