2020613日にフジテレビで放送された『S-PARK』でパ・リーグの戦力評価を立浪和義、野村弘樹、谷繁元信、真中満が色々な視点から分析しています。

 



楽天、ソフトバンク、西武にしか言及していません。

 

調整力(4点満点)

LSHEMFB
野村333333
立浪33.53333
谷繁333333
真中331333
平均3.03.12.53.03.03.0

 

―真中が楽天の調整力を最も低い1と評価した理由

真中 コロナの延期期間中に早めにチームを休みにした(330日~57)ので、ちょっと練習ができてないのかなと。あとは開幕前の練習試合で全てがビジターでした。そういったところで自分たちの調整が非常に難しいのかなという事で調整力を1にしました。

 

 

開幕ダッシュ力(4点満点)

LSHEMFB
野村334222
立浪3.543.52.53.52
谷繁333222
真中344223
平均3.13.53.62.12.42.3

 

―今年の楽天は一味違う

立浪 今年は則本投手がやってくれるんじゃないかなと。

 

谷繁 やっぱり鈴木大地。やっぱりこの選手が野手陣にとっては大きいんじゃないかなと思います。サード・セカンド・ファーストができますし、やろうと思えば外野もできる選手ですから、鈴木大地という選手が1人いる事によって他の選手はかなり助けられるような気がしてくるんですよ。

 

野村 谷繁さんが鈴木大地をスパイスになる選手だと言ってましたけど、ピッチャー陣でのスパイスは牧田選手だと思うんですよね。彼はセットアッパーの役割を期待されているんでしょうけど、先発も抑えもできるという意味ではスゴく投手陣の軸にもなりそうですからね。このいい補強もあるので楽天は面白いと思いますね。

 

―調整力では低評価にした真中は開幕ダッシュ力では満点評価

真中 今年の楽天を優勝予想にしたんですけど、これは投打のバランスが非常にいいですよね。

 

 

連戦力

LSHEMFB
野村443222
立浪342.5232
谷繁333222
真中244333
平均3.03.83.12.32.52.3

 

―今年のパ・リーグは同一カード6連戦が続く

立浪 同じチームと6連戦をやるとスゴく長く感じると思います。大型連敗を1つのチームにするというケースも出てくると思う。

 

―ソフトバンクの連戦力を高評価

立浪 圧倒的に中継ぎ投手の力がスゴいですよね。そして今年は更に後ろにサファテがいる。今年はバリバリやるんじゃないかと。もう盤石ですよね。

 

―千賀の調整遅れやデスパ&グラシアルが日本入りできない不安点もあるが問題なし

谷繁 このチームの危機管理能力はスゴいなと。そこに当てはめるようにバレンティンを獲ったわけですから。

 

立浪 バレンティンもDHでいいところを見せたいでしょうから。ヤクルト時代は守備でリズムを崩すような時もあったのでね。今年は開幕から全開でいくんじゃないですかね。

 

 

総合評価(平均で4点満点)

西武3.0
SB3.5
楽天3.1
ハム2.6
ロッテ2.5
オリ2.5


―2
連覇中の西武についての野村の評価

野村 秋山選手が抜けたというのは大きいんですけど、ただライオンズの攻撃力というのは健在ですよね。だから不安なのは毎年言われている投手陣。そこで今井と高橋光成の2人が一人立ちしてくれれば十分な戦力になってくれるので、彼らが最低でも2桁以上勝ってくれると西武は今年も十分に優勝を狙えると思いますね。

 

 

以上です。

楽天を高評価している解説者が多い印象です。
おすすめの記事