2018年8月5日に日本テレビで放送された「シューイチ」で斎藤佑樹がインタビューを受けています。聞き手は中山秀征。

 



最初の挨拶

中山 よろしくお願いします。

 

斎藤 お願いします。

 

中山 本番前に群馬話に花が咲きましたね(笑)

 

斎藤 そうですね。はい。(※中山秀征と斎藤佑樹はどちらも群馬出身)

 

中山 でも、なかなか会う機会がなくて。

 

斎藤 高校から東京に出て来て、最初群馬の方言が出てて、すごくバカにされてたんです。

 

中山 ハハ(笑)

 

斎藤 だから、途中から自分のことを東京出身ということにしてましたね(笑)

 

中山 ハハハ(笑)

 

 

甲子園の話

中山 今でも語られるあの名シーン。あの名場面。

 

斎藤 ありがたいです。

 

中山 今、振り返っていかがですか?

 

斎藤 いやぁ、もう、やっぱり、その100年の歴史の中で優勝できたということもそうですし、ああいう試合ができたということも、僕にとってはすごく誇りに思っています。

 

中山 ですよね。

 

斎藤 はい。

 

中山 当時は話題になりましたがハンカチ王子。

 

斎藤 あぁ、そうですね。

 

中山 これ、どうしてまたハンカチを持つことになったんですか?

 

斎藤 何か、僕の中では自然と使っていたものなんですけど、逆にあれが話題になることが僕の中では不思議でしたね。

 

中山 でも、あんまりハンカチを持つ選手っていなかったでしょ。

 

斎藤 あの時もハンドタオルなんですけど、当時の僕らのメンバーの選手もみんな使っていましたね。

 

中山 あっ、斎藤君だけじゃないの?

 

斎藤 そうですね。サードとかショートの奴は使っていましたね。

 

中山 あっ、そうなんだ。これ意外と知られていないですね。

 

斎藤 そうですね。

 

中山 ハンカチを出しづらくなったりしたんじゃないですかね?(笑)

 

斎藤 絶対にそうだと思います(苦笑)

 

中山 そうだよね(笑)

 

斎藤 はい。申し訳ないなと思いますね。

 

 

甲子園優勝後の話

中山 色んな角度から野球ファンのみならず、色んな方が見るわけですよね。あのフィーバーを今、振り返ってどうですか?

 

斎藤 そうですね。甲子園優勝したら、最初は注目度も高いんだなと思っていたんですけど。

 

中山 うん。

 

斎藤 その後、何ヵ月かずっと同じような状況が続いたので、ちょっとこれは異常だなと客観的に見ていましたね。

 

中山 うん。

 

斎藤 何か行く先々で、「ハンカチ持ってるんですか?」ってよく言われましたね。

 

中山 実際に持ってたんですか?

 

斎藤 それは持ってました。

 

中山 ハハハ(笑)

 

斎藤 それは持ってる(苦笑)

 

 

優勝後 甲子園に対して複雑な思いが芽生える

中山 今、球児たちを見て、色んな想いがあると思うんですけど、高校野球をどんなふうにご覧になります?

 

斎藤 高校3年の甲子園が終わって何年かは見づらかったというか、見たくなかったという気持ちが強いんですけど。

 

中山 その後は高校野球をあまり見なかったですか?

 

斎藤 見なかったですね。

 

中山 うーん。それはどうしてですか?

 

斎藤 優勝してちょっと有名になってしまったので、イヤだなという気持ちがあったので。

 

中山 そういう事になり過ぎて。

 

斎藤 そうですね。何かちょっと高校野球を避けていた部分があったんですけど。最近になって、やっと普通に見れるというか。

 

中山 そうか。甲子園で活躍し過ぎるということも含めて良し悪しで、いい事もあれば悪いこともあるっていう。

 

斎藤 そうですね。今となってはもう、あの時は優勝して良かったなと素直に思えるんですけど、あの当時は複雑な思いがありましたね。

 

中山 うーん。それで、今、高校野球を見て、高校球児たちに何か声を掛けるとしたら、どんなことがありますかね。

 

斎藤 いや、もう・・・チームメイトと一緒に頑張って下さいっていうことしかないですよね。

 

中山 当時の仲間っていうのは生涯の仲間になったりするでしょ。

 

斎藤 なりますね。今でもやっぱり、当時のライバルだった(駒大苫小牧の)キャプテンの本間篤史という選手がいるんですけど。

 

中山 うん。

 

斎藤 今でも連絡を取ったりしますし、当時の仲間は本当に大切ですね。

 

 

以上です。

この後は大学編も語っていたんですけど、そこはもういいかなと思って高校野球だけにしておきました。

おすすめの記事