2018年6月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.西武戦で僅か1点しか取れずアッサリと負けてしまって交流戦絶不調の横浜DeNA。怪我で離脱したロペスの抜けた穴について元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの山田透と共に語っています。

 



アナ DeNAは4連敗となりました。

 

谷沢 僕は『こんなはずではないDeNA』と言いたいね。

 

アナ ですよね。

 

谷沢 うん。接戦に持ち込むと先発投手では東なんかはいい働きをしているんだけど、打線が安定していないですよね。やっぱりロペスが欠けてからね。特に今日5番を打っているソトですよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 ソトは交流戦に入って打率がゼロなんですよ。

 

アナ ですよねぇ。

 

谷沢 特に交流戦前は2番を打っていましたよね。2番の時は3割7分ぐらい打っていたんだけど、5番6番になってからヒットが出ない。

 

アナ はい。

 

【6/5の試合終了時点のソトの打順別打率】

2番 .373 (75打数28安打)

5番 .000 (11打数0安打)

6番 .000 (4打数0安打)

 

 

谷沢 特に引っ張った打球が多いんですね。2番を打っている時はセンター中心というか、右の方にもライナー性の当たりが飛んでいたんだけどね。少しバッティングを変える必要があるし、クリンナップを打てるようなバッターじゃないと僕は思います。

 

アナ ロペスの登録抹消というのは今のDeNAに痛いという試合でした。

 

 

【ここから高木豊も参戦】

高木 谷沢、やっぱりロペスの抜けた穴が大きいのが明らかですね。やっぱりソトの使い方ですよね。

 

谷沢 そうそう。今日は1番に梶谷を使って2番はいいとしてもね。やっぱり、打線をコロコロいじると当初の構想が崩れてくるよね。

 

高木 谷沢さんの場合は打順を変えられたりすると、調子が狂ったりしたときってありました?

 

谷沢 それはありますよ。

 

高木 やっぱり、リズムが変わりますもんね。

 

谷沢 4番は別にして3番か5番だと違うしね。いつだったかな・・・1番から9番になった時もありますよ。

 

高木 9番もありましたか。

 

谷沢 ありましたよ。明日は外れるかと思ったら、もちろん外れましたけど(笑)

 

高木 まあ、そこまで不調があったということですね。じゃあ、ソトなんかはまだ良い方ですね。

 

谷沢 うん。まあ、あんまり良くないね(笑)

 

高木 あぁ、良くないですね(笑)

 

 

以上です。

ロペスの抜けた穴がデカ過ぎるのはありますけど、ソトに変なプレッシャーになっていたら悪循環ですよね。まあ、チームの軸となる優良助っ人が離脱したとなるとチームに大打撃になるのは間違いないですよね。早く帰って来ないと苦しすぎますね。

おすすめの記事