2018年8月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で繋ぎのバッティングで相手投手の山口俊を苦しめた東京ヤクルトスワローズの2番バッター青木宣親と6番バッター川端慎吾について元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの松本秀夫と共に語っています。

 



アナ 見事、無四球のピッチングを演じた原樹理投手ですが、スワローズ打線も援護しましたね。

 

高木 うん。スワローズ打線は打つ打つとかなり言われますけど、打つだけさじゃなくて、やっぱりしつこいんですよ。

 

アナ はい。

 

高木 2番バッターの青木と6番バッターの川端ですよね。2番と6番に元首位打者の青木と川端がいるんですよ。3回裏1アウトランナー無しで2番青木の場面なんですけど、2ナッシングから誘い球に全く乗らないんですよね。そして、フォアボールを取っていくという。

 

アナ 2ストライク取った後ですよね。

 

高木 もう2ナッシングに追い込まれても簡単に振らないんですよ。そして、4回裏1アウトランナー無しで6番川端の場面です。

 

アナ はい。

 

高木 川端も2ナッシングにすぐに追い込まれて、それからですもん。

 

アナ はい。

 

高木 そこから10球粘ってくさいコースはカットしながら、そしてフォアボールで出塁するという。

 

アナ はい。

 

高木 それで、結局、やっぱりこの2人がいると。三者凡退がなかなか取れない。そして、川端の後のバッターがどうしたかと言うと、西浦が初球をセンター前ヒットを打つという。

 

アナ はい。

 

高木 だから、スワローズ打線の繋がりを持たせているのは、やっぱり2番バッターの青木と6番バッターの川端。この存在は改めてデカイなと思いましたね。

 

アナ 打つだけではないということですね。

 

高木 そうですね。はい。

 

アナ ヤクルトは再び2位に浮上です。

 

 

以上です。

青木と川端が繋ぎに徹したら相手投手からしたら地獄でしょう。その前後に山田とかバレンティンとかがいます。2人とも元首位打者ですからバットコントロールが巧みです。

おすすめの記事