2021年5月26日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で日米通算2500本安打を達成した東京ヤクルトスワローズの青木宣親について元日ハム阪神の片岡篤史、元南海阪神の江本孟紀、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



青木のヒーローインタビューの一部

青木 野球に対する熱意というか、そういうものが誰にも負けないと思ってやっていました。ファンなくしてこういうプレーは出来ないと思いますし、ありがとうございました。

 

 

青木を語る

この日の青木の打撃内容
1打席目 ライト前ヒット
2打席目 ファーストゴロ
3打席目 レフトフライ
4打席目 セカンド内野安打
シーズン打率.221(5/26の試合終了時点)
1打席目で日米通算2500本安打達成!

 

アナ 青木選手が節目の記録を神宮で達成しました。チームは日本ハムに快勝です。

 

真中 39歳で今年は開幕からなかなか状態が上がらなかったんですけど、この

2500本安打でますます上がってくるんじゃないかと思います。片岡さん、青木の存在感ですけども。

 

片岡 メジャーに行って帰って来ても、以前と同様にボールを怖がらないというのが素晴らしいと思うんですよね。

 

真中 はい。

 

片岡 左バッターの場合、走り打ちになりやすくて踵体重になりやすいんですけど、青木選手はならないので逆に死球も多いんですよね。そういう面で逃げずに投手に向かって行くというのが非常に素晴らしいと思いますね。

 

真中 そうですね。江本さん、青木についてはどうですか?

 

江本 やっぱりは野球は体じゃないね。

 

真中 あぁ、青木は大きくないですもんね。

 

江本 うん。昔は若松さんもいましたしね。

 

真中 そうですね。

 

江本 やっぱり体が強いというのが一番じゃないですか。

 

真中 本当にケガをせずに出続ける選手で丈夫ですよね。

 

アナ 青木選手、2500本安打おめでとうございます。

 

 

以上です。

今年はまだ調子が悪いですね。
おすすめの記事