2021年5月26日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で8回1失点、無四球で4勝目を飾った秋山拓巳について元日ハム阪神の片岡篤史、元南海阪神の江本孟紀、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



秋山のヒーローインタビューの一部

秋山 ちょっと立ち上がりでバラ付いていたので、どうなるかなと思っていたんですけど、何とかリズムが乗れて良かったです。チームは優勝に向かって一戦一戦頑張っているんで、自分もそのピースになれるように次回も頑張っていきたいと思います。

 

 

秋山を語る

この日の秋山の投球内容
8回106球 被安打3 奪三振6 四球0 失点1
今季4勝2敗 防御率2.78(5/26の試合終了時点)
抜群のコントロール発揮!

 

アナ 阪神がロッテに勝利。秋山投手は1ヵ月ぶりの勝利で4勝目を飾りました。

 

真中 昨日(5/25)、終盤に岩崎と岩貞が打たれたので、矢野監督も秋山を引っ張りたいなというところだったんですよね。江本さん、今日の秋山の内容をどうご覧になりますか?

 

江本 元々コントロールがいいいピッチャーで安定してきてますよね。

 

真中 はい。

 

江本 今後は先発ピッチャーが大事になってくるんで、今後も期待ですよね。

 

真中 片岡さん、秋山の安定感が素晴らしいですね。

 

片岡 元々コントロールがいいピッチャーですけど、今日で4勝なんですけど、もうちょっと勝ち星が付いていてもいいような内容なんですよね。

 

真中 はい。

 

片岡 今日も打たせて取るという、自分のピッチングというか持ち味を分かってますよね。

 

真中 そうですよねぇ。出し入れが素晴らしいですよね。

 

片岡 バッターが迷うと言いますか、緩急や両サイドを使って梅野といいコンビネーションを見せましたよね。

 

真中 そうですね。細かなコントロールが素晴らしかったですね。

 

アナ その秋山投手は、今日は実はバットでもしっかりと働きを見せました。

 

真中 そうなんですよね。今日は1番近本、2番中野の活躍を取り上げようと思ったんですけど、秋山投手の2回あった犠打が2回とも得点に結び付いたんですよね。江本さん、秋山がキッチリと打席でも仕事をしましたね。

 

江本 うん。私はいつも言ってるんだけど、右投左打の人って野球界全体でも基本的にみんなバントが下手じゃないですか。

 

真中 はい。

 

江本 その中でもキッチリと決めるというのはいい選手ですよね。

 

真中 江本さんは送りバントはどうだったんですか?

 

江本 僕はほとんど失敗したことがない。

 

真中 それは良かったです(笑) 片岡さん、秋山は見事なバントでしたね。

 

片岡 私は右投左打でバント下手だったんですよね。

 

真中 はいはい。

 

片岡 秋山はバッティングもいいですよね。だからその辺で、バントでもタイミングとポイントってあると思うんですよ。

 

真中 うんうん。

 

片岡 そういう間が取れるというのがあるから上手いんだと思いますね。

 

真中 ちなみに僕は左投左打でバントが下手なんですよね。

 

片岡 それは困りますよ、真中さん(笑)

 

真中 あんまり得意ではなかったです(笑)

 

 

以上です。

秋山さすがのピッチング。
おすすめの記事