2018年8月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で先発し8回途中まで投げて2失点にまとめて勝ち投手となった東北楽天ゴールデンイーグルスの高卒2年目の藤平尚真のこの日のピッチングについて元横浜の平松政次、元ロッテの里崎智也、元横浜の高木豊がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。

 



【この日の藤平の投球内容】

7回1/3、99球、被安打8、本塁打1、奪三振6、四球2、失点2

今季3勝3敗 防御率3.65 (8/16の試合終了時点)

 

【藤平のヒーローインタビューの一部】

藤平 打線、1人1人の能力が高いので抑えるのがすごく大変だったんですけど、何とか粘れたのが良かったと思います。チームが苦しい状況で、しっかりと若い力が出せるのがチームにとって勢いがつくことだと思うので、これからも自分の役割を果たしていきたいと思います。

 

 

アナ イーグルスが1点差を守り抜きました。

 

平松 まあ、藤平が3連勝なんだけども、本当は開幕当初から物凄く期待されていたんで、6勝か7勝で今の倍ぐらいの数字は勝っていてもおかしくない。里崎さん。

 

里崎 シーズン前は10勝は確実ぐらいの声が大きかったですからね。

 

平松 ありましたね。

 

里崎 でも、今日ぐらいのピッチングをしていれば、しっかりとした勝ち数が付いてくると思いますね。

 

平松 ピッチングを見ていると、ストレートに力が出てきましたけど、ちょっとボールが高いですよね。

 

里崎 それはありますよね。そこは若干、心配なところですね。

 

平松 高木さん、2年目なんでこちらも高望みをしてはいけないんでしょうけど。

 

高木 そうですね。

 

平松 でも、かなり期待されていますよね。

 

高木 いやぁ、開幕前の評価が高かったですよね。ただ、開幕当初からチーム全体の雰囲気が悪かったですよね。

 

平松 はいはい。

 

高木 だから、チームの雰囲気にも乗って勝てだしたということなんでしょうね。

 

平松 うん。

 

高木 まあ、現代っ子らしいですよね。

 

平松 うん。最近はチェンジアップも覚えてきていますんで、少しずつは成長してきていますからね。これは今後も楽しみに見守っていきましょう。

 

 

以上です。

藤平はこれからです。この藤平世代の高卒2年目の投手は豊富で京山、才木、アドゥワ誠、山本由伸、藤嶋、今井と1軍で戦力になっている選手ばかりです。

おすすめの記事