2018年6月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日戦で打線組み替えが行われて2番中村晃、3番松田、4番柳田となった福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩について元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



アナ ソフトバンクは調子が出てきましたかね、

 

岩本 そうですね。まあ、昨日(6/9)は完封された打線ですけども。

 

アナ はい。

 

岩本 豊さん、今日は2番中村、3番松田、4柳田でちょっと打線を組み替えてきたんですよね。

 

高木 そうですね。

 

岩本 まあ、それが機能するわけですけども。

 

今日の3人の打撃内容

2番・中村晃3番・松田4番・柳田
1打席目レフト2塁打キャッチャーフライレフト犠牲フライ
2打席目ライト2塁打レフト前ヒットレフトホームラン
3打席目空振り三振セカンドフライレフトホームラン
4打席目ライト前ヒット空振り三振セカンドゴロ

 

高木 はい。最終的には柳田が打てば勝つという。

 

岩本 なるほど。

 

高木 それと、松田はこのまま責任を持たせた方がいいですね。

 

岩本 あー。

 

高木 それで、長年やっているベテランには7番とかじゃなくて。

 

岩本 はい。

 

高木 やっぱり、しっかりと責任を負えるような打順。まだ体が若いんで、その方が松田は力を出してくるような気がしますね。

 

岩本 まあ、6番7番で自由に打って調子を上げるのではなく。

 

高木 じゃなくて、もう責任を与えると。

 

岩本 敢えて。

 

高木 『3番でお前が打たなかったら負けるよ』みたいな。

 

真中 フフフ(笑)

 

高木 そういう責任を与えた方がやりそうな気がしますよ。

 

岩本 確かに4番柳田。

 

高木 ちょっと笑ってるけど真中が。

 

真中 いや、そういう事ですよ。責任与えた方がいいですよ。

 

高木 でしょ。

 

真中 それはその通りです。

 

岩本 柳田頼みだけだと、ちょっと柳田が調子が下がった時にはね。

 

高木 もちろん。ただ、今は内川がいない。一人欠けているだけでも大きいんですけども、やっぱり柳田頼りなんですよ。

 

岩本 まあ、結局ね。

 

高木 うん。柳田の前に何人ランナーを出すかですよね。

 

岩本 うんうん。なるほど。松田には使命を与えるというのがいいですね。

 

 

以上です。

松田は記録がストップしてから良くなりましたね。そういう連続記録の呪縛っていらないですよね。休みも定期的与えるのは大切です。

おすすめの記事