2018年10月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でパ・リーグ、クライマックスシリーズのファイナルステージ、埼玉西武ライオンズvs.福岡ソフトバンクホークスで活躍をしたソフトバンクの川島慶三について元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【この日の川島の打撃内容】

1打席目 サードゴロ

2打席目 ショートゴロ

3打席目 レフト前ヒット (打点2)

4打席目 レフト2塁打

5打席目 ライト前ヒット (打点1)

 

【川島のヒーローインタビューの一部】

川島 もう第1戦目に西武のエースの菊池雄星君が投げてくるんで、そこを潰して僕らが勝ち上がるというイメージをみんなが持っていたんで、みんなで勝った1勝だと思います。僕はシーズンで3安打したことはありません。たまたまです。ありがとうございます。

 

 

稲村 初戦はソフトバンクが勝利しました。西武のアドバンテージを含めて1勝1敗です。

 

野村 これでタイになりました。斎藤さん、今日は何と言っても1番に入った川島慶三。3打点で猛打賞です。

 

斎藤 あんまり出場機会がないんですよね。牧原とか若い選手が出ていますからピンチヒッターが多いんですけどね。

 

野村 うん。

 

斎藤 ファーストステージの最終戦でヒットが出ていたりしたんで、使ってくるのかなと思っていたら使ってきたんですけど、ピッチャーの投球に対してヤマの張り方が上手いという感じのバッティング。3打席目4打席目は引っ張りでのヒットですよね。5打席目になると西武は左ピッチャーの小川が出てきてそこではライト方向にタイムリーヒット。本当にケースに応じたバッティングでベテランらしい働きをしていると思いますよ。

 

野村 見ていると非常に思い切りがいいですよね。

 

斎藤 はい。まあ、打球が上がればホームランもあるバッターなんでね。本当にヤクルト時代もピンチヒッターで出てきたらイヤらしいバッターだったんですよね。

 

野村 真中さん、ファーストステージはスタメンではなかったんですよね。

 

真中 そうですね。

 

野村 それでその中で1番に起用するという采配も含めてどういう風に見られますか?

 

真中 左対策で川島を使ったんですけど、この川島という男はムードメーカーというか、ラッキーボーイになる雰囲気を持った選手なんですよね。

 

野村 はい。

 

真中 先ほどヒーローインタビューでもそうなんですけど、盛り上げるというか、そういう選手なので川島のような選手が1番でチームを引っ張ると工藤監督も頼もしいですよね。

 

野村 思い出すと2017年の日本シリーズも最後に川島がサヨナラで決めているんですよね。

 

真中 そうですね。

 

野村 こういう大舞台で強い何かを持っているのかもしれませんね。

 

真中 そういうタイプの選手ですよね。

 

 

以上です。

川島みたいなベテランがいるとチームは強いです。

おすすめの記事