20191212日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でメジャー実績十分のアダム・ジョーンズのオリックスバファローズへの移籍について横浜で監督をしていた大矢明彦、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の野村弘樹がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



アダム・ジョーンズ 34歳
1985年8月1日生 188cm・98kg 右投右打
マリナーズ(‘03~’07)―オリオールズ(‘08~’18)―
ダイヤモンドバックス(‘19)―オリックス(‘20~)
メジャー通算1823試合 率.277 安1939 本282

 

アナ オリックスがメジャー通算1939安打、282本塁打の実績を持つアダム・ジョーンズ選手と総額87000万円プラス出来高で契約しました。そして背番号は10に決まりました。

 

大矢 オリックスからは何とかしようという気持ちがスゴく出てる大型契約ですね。

 

アナ はい。

 

大矢 苫篠さん、オリックスは既存の選手にも待遇の良い契約更改が多かったですよね。

 

苫篠 今、12球団で一番優勝から遠ざかっていますからね。どうしても優勝という栄冠を手に入れたいという気持ちが外国人補強にも出てますよね。

 

大矢 そうですよね。野村さん、4番でホームランが打てるバッターは欲しいですよね。

 

野村 欲しいでしょうね。それでオリックスはこうやって大物を獲ってくるなあというね。何としてもという思いが球団を通じて感じますよね。

 

大矢 はい。今シーズンでもゲームを見ていると、しっかりした4番がいたらなあというね。そういう思いで見てました。オリックスはピッチャーに関してはかなりいいよね。

 

野村 山岡、山本が一人立ちしてくましたからね。ピッチャーは揃ってきてるんで、あとはどう点を取っていくかというところじゃないですかね。

 

大矢 そうですね。まあ本当にポイントゲッターになってもらいたいですね。

 

アナ そうですね。来シーズン楽しみです。

 

 

以上です。

メジャー通算1939安打はかなり凄い実績。
おすすめの記事