2020年10月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズとの首位攻防戦、第3ラウンドで福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督が見せた小刻みな継投について元横浜の平松政次、元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



6回の継投
 泉  0回1/3  2球 無失点
嘉弥真 0回1/3 10球 無失点
高橋礼 0回1/3  4球 無失点

 

アナ 首位攻防戦の第3ラウンドはソフトバンクがロッテを下しました。苫篠さん、この試合の熱視線は?

 

苫篠 6回の継投ですね。先発の和田が5イニングで交代してからの継投。ロッテは3点ビハインドで勢いに乗りたいという場面で、ソフトバンクは回の頭から泉を投入した。

 

岩本 はい。

 

苫篠 泉という投手もバッター1人を抑えて終わるような投手じゃないんで、1イニング任せれるぐらいのピッチャーなんですよね。キーポイントとなる先頭の右バッターを抑えるために泉を投入と。そこから嘉弥真は左バッターのマーティン安田の2人で1アウトを取って。そして続く右バッターの井上にはすかさず高橋礼。

 

岩本 うんうん。

 

苫篠 井上からすると「おいおい、まだここで代えるんか」という表情をしてましたよ。「ここまで嫌がらせをするか」という表情ですよ。

 

岩本 あぁ。

 

苫篠 でも勝負所という場面で工藤監督が絶対に流れを相手に渡してはいけないという、勝負所での小刻み継投。これがしっかりとハマりましたね。

 

岩本 うーん。平松さん、工藤監督も試合の流れの中で、「6回が試合のポイントになると踏み、小刻みな継投に移った」とコメントされているんですけど、平松さんはどんな感想をお持ちですか?

 

平松 もうこれだけのピッチャーが揃ってたら、そりゃ使う方も楽しいんじゃない?

 

岩本 あぁ、なるほど。

 

平松 泉は速い球を投げる、嘉弥真はコントロールがいい、高橋礼も去年は勝ってる。そこに岩嵜がまた出てきて昨日(10/10)もスゴいピッチングしてましたし、更にモイネロもスゴい。

 

岩本 はい。

 

平松 こんなピッチャーを出されたら、そらロッテも打てないわ。それだけいいリリーフ陣が揃ってるという事だわ。

 

岩本 そうですね。なので思い切って継投にドンドン踏み切れるということなんでしょうね。

 

平松 もちろん。これだけの駒がいるから、当然使えるんで。この駒に信頼が置けるじゃない。

 

岩本 はい。

 

平松 これは本当に優勝してもおかしくないだけの駒を工藤監督は持ってますよね。

 

 

以上です。

豊富過ぎる中継ぎ陣。
おすすめの記事