201988日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で延長12回引き分けとなり、カード勝ち越しならずの読売ジャイアンツについて広島で監督をしていた達川光男、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の斎藤明雄がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の巨人の継投
菅野 7回 1失点
中川 2/3 2失点
鍵谷 1/3 0失点
デラ 1回 0失点
高木 1回 0失点
澤村 2回 0失点

 

稲村 巨人は終盤に中日に追い付かれ延長12回引き分け。巨人は6カードぶりの勝ち越しはなりませんでした。

 

大久保 はい。よく引き分けの試合で、今日の試合は勝ちに等しいとか、負けに等しいとか言うじゃないですか。明雄さんは今日の巨人はどうですか?

 

斎藤 今日は負けに等しい引き分け。

 

大久保 ですよね。

 

斎藤 うん。菅野があれだけ頑張って71失点で抑えて、今までしっかりと抑えていたリリーフピッチャーが疲れで同点に追い付かれたのはちょっと負けに等しい引き分けじゃないかなと思いますね。

 

大久保 達川さんはいかがですか?

 

達川 まあ僕もそう思いますが、ただ今日の試合を見ますと、アルモンテの同点タイムリーの打球がスタンドに入らなかっただけでも運が良かったんじゃないですかね。打った瞬間は完全に入ったと思いましたけどね。

 

大久保 うーん。

 

達川 そういう面でジャイアンツにも若干運が残ってるんじゃないですかね。

 

大久保 そうですよね。パターン的に中5日で菅野は投げているんで、7イニングで代えたのも悪くないというのが多少あって、アルモンテの前のバッターの大島のセカンドの当たりもエラーに近いところからの失点でしたもんね。

 

斎藤 うん。エラーに近いようなね()

 

大久保 こういうことがあると、なかなかリードを確実に守れなくなるんじゃないかなという守備でしたね。

 

 

以上です。

負けに等しい引き分けですね。中5日連発によって中継ぎが疲弊してます。
おすすめの記事