2020916日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初完封を飾ったオリックスバファローズの田嶋大樹のピッチングについて元近鉄西武の金村義明、楽天で監督をしていた田尾安志、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



田嶋のヒーローインタビューの一部

田嶋 ストレートでどんどん押せて、僕のピッチングができたんで、いい結果に繋がったと思います。今後も今日のようなピッチングを継続して、チームに貢献できるように頑張っていきたいです。

 

 

田嶋を語る

この日の田嶋の投球内容
9回118球 被安打2 奪三振8 四球1 失点0
今季2勝4敗 防御率3.57(9/16の試合終了時点)
プロ初完封!

 

アナ 田嶋投手は見事なプロ初完投、初完封で2勝目となりました。

 

真中 相当スピードのある球を投げてましたね。田尾さん、今日の田嶋はどうでしたか?

 

田尾 もともと1年目の田嶋を見たときに、真っ直ぐが非常に伸びるなという印象で、ちょっと故障があったりで悩んでましたけど、この初完封というのは今後の自信になるんじゃないですかね。

 

真中 そうですよね。ストレートが唸ってる感じでしたよね。

 

田尾 素晴らしいボールですよね。

 

真中 そうですよね。金村さん、田嶋はナイスピッチングだったんですけど意外とまだ2勝目なんですよね。

 

金村 そうなんですよね。今年はキャンプから非常に良くてね。今年は本当に山岡山本との3本柱の3本目というところでね。

 

真中 はいはい。

 

金村 ちょっと遅いぐらいですよね。これぐらいのピッチングをして当然のピッチャーなんですよね。まあ、楽しみですよね。

 

真中 そうですね。

 

金村 またユニフォームが強く見えますよね。

 

真中 強い時代のブルーウェーブのユニフォームでしたからね()

 

金村 あのユニフォームで最後までいけばいいのにね。

 

真中 はい()

 

 

杉本&伏見について

アナ そして打っては杉本選手と伏見選手です。

 

真中 金村さん、杉本が第1号で伏見選手が第2号のホームランでした。

 

金村 中嶋監督代行が2軍監督から昇格する時に「一緒に行くぞ」というね。

 

真中 そうですね。

 

金村 試合を見ていても元気があって、ちょっと振り切るバッターを重宝して使ってるみたいで。

 

真中 なるほど。

 

金村 だから見ててもワクワク感が出てきてますしね。非常にいい雰囲気ですよね。

 

真中 昨日(9/15)は育成から上がって来た大下選手もいますしね。田尾さん、チームは乗ってきますよね。

 

田尾 やっぱり一発が少ないチームだったんでね。こういう長打のあるバッターがいればね。

 

真中 はい。

 

田尾 それで昨日ホームランを打った大下はいいスイングしてますね。

 

真中 そうですね。

 

田尾 これはずっと使えば2桁ホームラン打てるぐらいのバッターだと思いますよ。

 

真中 なるほど。今日ホームランを打った杉本はラオウと呼ばれているんですけど、ホームランの直後に喜んでね()

 

田尾 あの喜びようは素晴らしいですね。雰囲気が良くなりますよね。

 

 

以上です。

田嶋はかなりいいピッチャーです。
おすすめの記事