2018年4月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」という番組でこの日のvs横浜DeNA戦で中継ぎが連日でリリーフ失敗している巨人。その後の満塁の場面での代打策など巨人の高橋由伸監督の采配について江本孟紀、元横浜の高木豊、同じく元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【まずは継投について】

野村 昨日は上原。そして今日は澤村と、勝利の方程式で抑えてもらわないといけないピッチャーが終盤に逆転されて負けるというイヤな負け方をしているんですけども、江本さんはどうですか?

江本 あのね、7回8回以降にリリーフのピッチャーがあれだけいて1人のピッチャーが3点も4点も取られちゃダメですよ。

 

野村 はい。

 

江本 だから、それは代えなけかゃいかん。ドンドン代えていかないと。代わりのピッチャーはいるんですからね。

 

野村 そうですね。

 

江本 だから、「調子が悪い」と思ったらすぐに代えて最小失点で抑えていかないとシンドイですね。

 

【ここから最終回の代打策について】

野村 とはいえ、9回裏にジャイアンツがDeNAの山崎を二死満塁まで追い詰めるんですよ。

 

稲村 はい。チャンスがありましたね。

 

野村 それで、代打が今日は大城が出てきたんですけど他に残っていた代打が右の長野、吉川大幾で左は河野元貴が残っているというところで大城は左バッターというところもあるんでしょうけど、昨日(4/10)の長野は良いところでホームランを打っている。

 

稲村 はい。

 

野村 この大城を選択した判断を豊さんはどう思います?結果論で言いたくないんですけどね。

 

高木 まあ、練習の中で大城が当たっていたのかもしれませんけど、DeNAのベンチだとかマウンドにいる山崎がイヤだと思うのは長野だと思います。

 

野村 はい。

 

高木 やっぱり、相手の嫌がることをやっていかないと。だから、左バッターより右バッターの方が山崎も投げにくいというか芯で拾われる確率が高いというかね。

 

野村 はい。

 

【再び継投について】

江本 あとね、ピッチャーのことなんだけど。

 

野村 はい。

 

江本 ピッチャーの交代が遅いでしょ。これ遅くて失敗すると今度は逆に早くなり過ぎるとダメ。だから、ベンチが迷い始めるから。今のうちに態勢を立て直さないと。

 

高木 でも、江本さんはリリーフで出てきて打たれて同点になるじゃないですか。その後に続投でモチベーションって残っているんですか?

 

江本 それはピッチャー自身も失敗していると思っているからね。

 

高木 だから、代えてやった方がいいですよね。

 

江本 それは絶対にそう。1点取られて同点になったら代えないと。

 

高木 なんか柔軟性がないみたいな。1イニングは確実に任せるという。

 

江本 信頼するっていうのはいいんだけどね。ピッチャーを信頼したいという気持ちは分かるけど、やっぱり勝負はシビアにドンドン代えてつぎ込まないとダメですよ。

 

野村 昨日、今日とイヤな負け方をしているのでね。

 

 

以上です。

結果論ばっかりですけど由伸采配は色々と言われますよね。江本のドンドン代えろはテレビゲームじゃないんだからと言いたくなりますね。

おすすめの記事