2018年8月14日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で先頭の浅村が気迫のヘッドスライディングで出塁して、次の山川もヘッドスライディング、そして森友哉がサヨナラヒットで勝利した埼玉西武ライオンズについて元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【サヨナラ打の森のヒーローインタビューの一部】

森 サヨナラヒットは外野の間を抜けるとは思わなかったんですけど、会心の当たりでした。(サヨナラヒットの前の浅村と山川の気迫のヘッドスライディングを見て)すごい鳥肌が立っていて、自分も内野ゴロを打ったらヘッドスライディングをしようかなと思ってたんですけど、打てて良かったです。

 

 

アナ 色々とオリックスにはミスもありつつでしたけど、ライオンズもやっぱり強い。

 

高木 (ポロリをした)白崎は一緒にDeNAでやっていましたけど、ファーストの経験はないんですよ。

 

アナ うーん。ライオンズはやっぱり強いですねぇ。

 

高木 強い。やっぱり、執念の差かなって。里崎さん。

 

里崎 そうですね。浅村もそうですけど、山川も揃って2人がヘッドスライディングをするとは正直見ていて思わなかったですよね。

 

高木 はい。

 

里崎 だから、そういったところにチームの勢いもありますし、ヘッドスライディングには怪我のリスクもありますけど、そういった執念が森のサヨナラヒットを生んだと言っても過言ではないですね。

 

高木 そうですね。でも、真中さん、ヘッドスライディングって危険だけども、みんなを鼓舞するという意味でも、何かムードメーカーがやったことに価値があるんじゃないかなという。

 

真中 本当にヘッドスライディングには怪我の危険性があるので、気を付けてほしいんですけど、やっぱりチームの士気を高めるとか、何となくみんな一緒に戦っているという雰囲気を出すためには時には必要なのかなと思いますね。

 

高木 ですよね。まあ、山川は今日3キロぐらい痩せてると思う。

 

アナ フフフ(笑) そうかもしれないですね(笑)

 

高木 いや、本当に。

 

 

以上です。

気迫のヘッドスライディングで出塁してサヨナラヒットですから、この日の勝利は優勝するチームの勝ち方に見えました。

おすすめの記事