2019929日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で1軍デビューとなった中日ドラゴンズの根尾昴について元巨人の松本匡司、元日ハムの岩本勉、横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



今日の根尾のプレー
ショートゴロを1塁に少し逸れる送球(アウト)
三遊間のゴロを追い過ぎてグラブに当ててしまい2塁打にする
バッティングでは阪神のジョンソンに三球三振

 

アナ 中日は阪神に敗れましたが、ドラフト1位ルーキーの根尾選手が守備からの出場で1軍デビューです。

 

岩本 はい。待ってましたね。でも、今日の彼のプレーはカッチカチでした。

 

アナ カチカチ。

 

岩本 はい。でもこれはしょうがないです。大矢さん、ルーキーですし初出場で固くなるのは仕方ないですよね。

 

大矢 そうですね。まあ強いて言わせてもらえばもうちょっと元気かあっても良かったかな。声を出すとかね。

 

岩本 はい。

 

大矢 やっぱり自分を少し奮い立たせるように持っていってくれたらなっていうのを一番感じましたね。そりゃミスは出たってしょうがないんだよ。

 

岩本 そうですね。

 

大矢 だけど、「頑張ってるな」とか「元気でやってるな」っていう姿は見てみたかった。

 

岩本 なるほど。そういう態度というのは今しか出来ないことかもしれませんよね。

 

大矢 そうなんですよ。

 

岩本 もうカラ元気でもね、それが本元気に変わることもありますからね。

 

大矢 そうそう。そういう風にやっていかないと上達していかないし、バッティングでも1球目の真っ直ぐを振ってほしかったね。

 

岩本 もうヘルメットが脱げるぐらいに振っても良かったですよね。

 

大矢 本当にそうなんですよね。

 

岩本 はい。松本さんは初打席のことは覚えてますか?

 

松本 あんまり覚えてないんですけど、とにかく食らい付いていったのはありましたね。私は一応初打席で初ヒットなんです。

 

岩本 おぉぉ。

 

大矢 いいこと聞いたね。

 

岩本 僕、初めて松本さんのドヤ顔を見ました() まあ根尾はちょっとキレイな結果を求めてしまったんでしょうかね。

 

松本 大矢さんもおっしゃってましたけど、初球から振りにいくっていう形が見えれば、またちょっと違ったんじゃないかなと思いますね。

 

アナ 今日は根尾選手のいい経験になりましたかね。

 

岩本 なったと思います。これは大きな第一歩目のスタートですからね。

 

根尾昴(19歳)
2000年4月19日生 177cm80kg 右投左打
大阪桐蔭高校ー中日(2018年ドラフト1位)

 

以上です。

ここからがスタート。
おすすめの記事