2021年8月22日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2ヵ月ぶりの勝利を飾った北海道日本ハムファイターズの上沢直之について元日ハムの岩本勉、元近鉄西武の金村義明、横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



上沢のヒーローインタビューの一部

上沢 後半戦が始まってから僕も登板しましたけど、なかなか勝てない状況が続いていたので、まあ何とか僕でその流れを断ち切るんだという思いで投げました。何とか必死になってやっているので、ファンの皆さんもどうか一緒になって付いてきてほしいと思います。これからも頑張ります。

 

 

上沢を語る

この日の上沢の投球内容
7回118球 被安打5 奪三振2 四球2 失点1
7勝5敗 防御率3.25(8/22の試合終了時点)
連敗止めるエースの熱投!

 

アナ まさに好投でチームも明るくなったと思います。日本ハムが後半戦初勝利をあげました。大矢さん、この試合のポイントはどこでしょうか?

 

大矢 ヒーローインタビューに応えてた上沢投手のピッチングだと思いますよね。味方が点を取ってくれないなら相手に点をやらないというピッチングだったと思うんですよね。

 

岩本 そうですね。7回表のピッチングというのは魂が伝わってくるものがありましたよね。

 

大矢 そうですね。ああいうピッチングをしてくれると柱になれるピッチャーだなと思わせてくれるんですよね。

 

岩本 そうですよね。金村さん、自身も久々の勝利で6月以来となっているんですよね。

 

金村 2ヵ月ぶりですもんね。嬉しかったでしょうね。

 

岩本 えぇ。チームの中で大黒柱の役割を担っていると感じるんですけど、金村さんはどうお考えですか?

 

金村 そうでしょうねぇ。今年は上沢は開幕投手で、チームの柱であるというのは自他共に認める存在ですから、だからこそ2ヵ月は長かったと思いますよ。

 

岩本 そうですよね。

 

金村 歯痒いと思いながらね。口には出さないですけど、「打ってくれへんな」と内心では思ってるはずなんですよ(笑)

 

岩本 内心ではあるでしょうねぇ。

 

金村 今年のハムは一つ勝つのが本当に大変だなとつくづく思ってるんじゃないですか。

 

岩本 そうですね。

 

 

以上です。

エースのピッチングでした。
おすすめの記事