201957vs東京ヤクルトスワローズ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は秋山、ヤクルトは原樹里。初回両先発ともに上々の立ち上がりでしたが2回裏に秋山が雄平のヒットから崩れ、村上にタイムリーを打たれる。このイニングにノーアウト満塁までいきましたが何とか抑える。阪神は4回表に大山のヒット、福留の2塁打、梅野のショートゴロの間に1点、木浪のタイムリーで更に追加点で計2点を取り逆転。こっから両チームチャンスを作るが膠着状態。しかし、9回表にヤクルトの中継ぎ近藤が2者連続四球で近本が送りバントをしましたが捕った近藤がファーストへ悪送球でその間に1点が入り2点差となる。最後はドリスが締めて最終スコア3-1で阪神の勝利。MBSラジオのレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

6回途中1失点の先発秋山、中継ぎについて

矢野 2回のピンチで粘れたのでこういう展開になったと思う。その後も島本、球児、ジョンソン、ドリス、みんながよく投げてくれた

 

6回に島本投入について

矢野 全く迷いはなかった。これまでもいいピッチングを続けてくれているんで、迷いなく投入した。

 

―今日は投げていないその他のブルペン陣について

矢野 守屋、能見、みんなこの連戦でいいピッチングを続けてくれている。ブルペン陣が今は揃っている。

 

 

以上です。

お互いにピンチとチャンスの繰り返しで面白い試合でした。
おすすめの記事