2019929日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で引退試合となったオリックスバファローズの岸田護について元巨人の松本匡司、元日ハムの岩本勉、横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



岸田の引退スピーチの一部

岸田 まず始めにこういう場を作ってくださったオリックスバファローズの球団関係者の皆様、本当にありがとうございます。1軍・2軍・監督・コーチ・裏方さん、本当にお世話になりました。そして家に帰るといつも癒してくれる嫁と娘とそして両親。支えがなかったここまでできなかったと思います。ありがとうございます。これからオリックスは強くなります。長い長いトンネルを抜けようとしています。成長し続ける若手がチームを盛り上げ、実力十分な中堅がチームをまとめ上げ、そしてベテランが背中でチームを引っ張っていってくれると思います。絶対に強くなります。これからのオリックスは面白いです。その先、頂点へ導いてくれるのはいつも熱い声援送ってくれるファンの皆さんです。ファンの皆さんがこのチームを優勝させます。選手はそれに応えます。これから末永くオリックスをよろしくお願いします。14年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 

 

大矢、松本、岩本が語る

アナ 花束を渡されたのが奥様と娘さんですね。近くで見てらっしゃった方たちですよね。

 

岩本 そうですね。娘さんも物心がついて、お父さんが今どういう立場なのかというのも理解してますね。

 

アナ そうですね。理解できる年頃ですよね。そしてチームメイトの皆さんからも花束を贈られています。

 

岩本 苦楽を共にした選手たちですよね。今の時期はどこの球場でもこういうシーンがありますけど、全てに充実感がありますよね。

 

アナ はい。

 

岩本 松本さん、岸田について何か印象ありますか?

 

松本 色んなポジションで先発もあったし、抑えもあったし。

 

岩本 そうですね。

 

松本 その中で抑えで出てきたときに非常に力強いボール、そしてキレのある変化球を投げ切っていた印象が強いですね。

 

岩本 はい。大矢さん、チームメイトの涙を見てもチーム内で人望のあった選手に見えますね。

 

大矢 慕われている選手ですね。僕も彼がオリックスの抑えをやっていた時にスゴくきっぷのいいピッチングをするなと思ってね。度胸良く相手バッターをねじ伏せにかかるというピッチャーだったんで、ピッチャーらしいマウンドの立ち姿でしたよね。

 

岩本 はい。

 

大矢 若い人が「岸田さんみたいに」という憧れられる存在のピッチャーだったと思いますね。

 

岩本 はい。勝ち星、ホールド、セーブと全てにおいてしっかり数字を残せる選手。今後は良き指導者として力を注いでくれると思いますね。

 

大矢 オリックスを強くしてほしいよね。

 

岩本 そうですね。

 

通算成績
433試合44勝30敗 63H 63S 奪三振730 防御率2.99
最後は三振締め!

 

以上です。

人望がかなりあります。
おすすめの記事