2019929日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で6人の投手を注ぎ込む執念継投で勝利しクライマックスシリーズまであと1勝となった阪神タイガースについて元巨人の松本匡司、元日ハムの岩本勉、横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この日の継投
2番手 高橋遥 1回2/3 安2 振1 失0
3番手 ガルシア  3回    安2 振4 失0
4番手 岩崎  1回   安0 振1 失0
5番手 ドリス  1回   安0 振1 失0
6番手 ジョンソン 1回   安0 振3 失0
7番手 藤川  1回   安4 振2 失3

 

アナ 阪神は中日に勝利し5連勝ということで、残り1試合で逆転でのAクラス入りの望みを繋げています。

 

岩本 そうですね。条件がスゴく高いレベルにあったんですよね。攻守に渡って欲がスゴかったですね。それぞれの選手がそこに意識が達していて野球が締まっていました。

 

アナ はい。

 

岩本 特に継投見ていると、細かく細かく勝つための手段を惜しまずに駆使していました。大矢さん、今日のタイガースの継投はいかがでかたか?

 

大矢 はい。今日は最初にメッセンジャーがいかないといけないというのがあったんで、2番手の高橋がちょっと大変だったかもしれないですけど、今は特にガルシアが投げた試合というのが非常にいい形できてるんですね。あとは終盤に繋がっていきますので、今日の試合が一番キツかったと思うんですね。

 

岩本 えぇ。

 

大矢 今日を取ったことで、大きく夢が膨らんでくると思いますね。

 

岩本 みんなの力で勝ち取ったという印象が強いゲームになりますよね。松本さん、今日のタイガースのようにどんどんピッチャーが変わっていくと、打者も毎度違うピッチャーと対戦する形になるじゃないですか。

 

松本 はい。

 

岩本 やっぱりこれはイヤなもんですか?

 

松本 やはりイヤですね。色々と考えないといけない部分もありますし、打者にとってもやりにくいですよね。

 

岩本 はい。非常に締まった継投でしたね。

 

 

以上です。

毎試合で中継ぎ使いまくりで来年が心配になるぐらい。
おすすめの記事