2021年9月14日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で値千金の2ランを放った横浜DeNAベイスターズの牧秀悟について元横浜の高木豊、元日ハム阪神の片岡篤史、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の牧の打撃内容
1打席目 ライトフライ
2打席目 フォアボール
3打席目 左中間ホームラン(打点2)
4打席目 ファーストフライ
新人王が見えてきた

 

アナ DeNAが接戦を制して巨人に勝利です。

 

大久保 豊さん、中央大学の後輩・牧です。

 

高木 うん。やっぱり穴がないよね。

 

大久保 穴がない。

 

高木 どういうボールでも対応できるというか、速いボールにも強いですし、球種を張ってるとか、コースを張ったりとか、色々と自分を変えられるバッターですよね。

 

大久保 なるほど。

 

高木 考え方が柔軟ですよ。

 

大久保 新人王もちょっと可能性が出てきてませんか?

 

主な新人王候補(9/14時点)
牧 秀悟 横浜 105試合 率.277 本17 点54
佐藤輝明 阪神 105試合 率.254 本23 点60
伊藤将司 阪神 16試合7勝6敗 防2.98
栗林良吏 広島 39試合0勝1敗23S 防0.47

 

大久保 まあ、栗林が素晴らしい成績を出してるというのもあるけど。

 

高木 数字だけを見ると、栗林とかになってくると思うんですけど、チーム状況とか優勝争いをしている佐藤の貢献度というのは前半ですけど非常に高いものがありますよね。

 

大久保 確かに。

 

高木 だからこれは最後の最後まで分からないんじゃないですかね。

 

大久保 新人王はスゴく注目されるタイトルですね。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

新人王もいける。
おすすめの記事