2019930vs中日ドラゴンズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は青柳晃洋、中日の先発は大野雄大。阪神はCSを、そして中日の先発大野は最優秀防御率を賭けた一戦。序盤はお互いに0行進で中日の大野は31/3を無失点で抑えてセ・リーグの防御率1位となり降板する。次の投手の三ツ間に代わった直後に北條が三塁強襲ヒットからチャンスを作り大山の先制タイムリー、更に高山の打席でワイルドピッチとなり1点追加し2点を先制する。5回裏には上本北條のヒットでチャンスを作り福留の打席でまたもワイルドピッチで得点し3点差。7回表の頭から登板し高橋聡文が1つのアウトを取って引退登板を飾る。8回表の守備からショートに鳥谷が守備に就く。阪神は小刻みな継投で繋ぎ最後は藤川球児が締めて3-0で勝利。スカイAとABCラジオの野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

CS進出が決定 その心境は

矢野 どうなんですかね。色んな感情が入り混じって、これがというものはうまく言えない。選手を信じて戦ってきた。残り30試合あたりでは非常に苦しい状況だった。そこで踏ん張れたのは価値がある。今日勝つか負けるかで大きいというところでまた勝ち切れたのは大きい。苦しんだからこそ価値がある戦いが出来たんじゃないか。

 

CS進出の要因

矢野 やっぱり気持ちだと思う。色んな要因はあるけども、ジャイアンツに大きく水をあけられて霞みかけたこともあった。終わりの頃には横田の姿に勇気づけられたのもある。戦う姿勢、諦めない気持ち、勝ち負けは結果だけれどもその気持ちを繋げたというところが一番大きかったんじゃないか。まだチームとしては弱いけども、気持ちを出してやっていけるようなったのが去年からの成長じゃないか。

 

 

以上です。

最後に6連勝で滑り込みはなかなかない。
おすすめの記事