2018年8月14日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で9回裏の北海道日本ハムファイターズのある場面の走塁について元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【状況】

9回2点ビハインドで2アウト2

ロッテの抑えピッチャー内からバッター西川がレフト前ヒットを打ちましたが2塁ランナーが3塁でストップ

 

 

アナ ライオンズを追うファイターズにとっては痛い敗戦ですねぇ。

 

高木 そうですね。まあ、9回にチャンスをがありました。2アウト2塁。僕はセーフのタイミングだったと思うんですが。真中さん、このシーンで2塁ランナーを返して1点差。万が一、レフトの選手がホームに送球したら、バッターランナーの西川が2塁までいけると。

 

真中 まあ、そうなんですけど、これは2塁ランナーはまだ2点目のランナーなんで、同点にはならないんですよね。

 

高木 うん。

 

真中 だから、ここはサードコーチとしては本塁でタッチアウトになった最悪の時のことを考えて、3塁で止めてもしょうがないプレーですよね。

 

高木 なるほど。

 

真中 まあ、120%セーフなら回してもいいと思うんですけど。

 

高木 なるほどねぇ。里崎さん、あれ回されて1点差になったらキャッチャーとしてはどうですか?イヤじゃないですか?

 

里崎 1点取られるだけならあんまり気にならないですね。結局は2アウトなんで、次のバッターのアルシアに打たれたら、追い付かれたり、逆転されてしまうんで、あんまり点差は関係ないかなと思いますよね。

 

高木 ただ、アルシアの時の外野の守備位置が変わってきますよね。

 

里崎 まあ、中島がいてもいなくても外野の守備位置は後ろ目に下がると思うんですよね。2アウトなんで。

 

高木 うん。ただ、万が一、西川のヒットで外野手がホームに送球したら、バッターランナーの西川が2塁にいくわけじゃないですか。

 

里崎 そうですね。そこはレフトの加藤がどう判断するか分からないですけど。

 

真中 まあ、一番はバッターランナーの西川ですよ。バッターランナーの西川を2塁に行かせないような守備隊形になっています。1塁に残しておかなきゃいけないんで、あれはレフトはホームに投げてはいけないぐらいのプレーですよね。

 

高木 うん。

 

真中 もう西川が1塁にいるか、2塁にいるかの差ですよね。

 

高木 でも、投げたかも分かんないしね。

 

真中 はい。でも、レフトはホームに投げたらいけないプレーですよね。バッターランナーが2塁に行ってしまったら最悪なので、それを考えると、3塁コーチャーは止めるのは仕方ないかなと思いますけどね。

 

高木 なるほどね。僕が3塁コーチだったら回すなあ。

 

真中 最悪、ホームでアウトになった場合が怖いですからね。アウトになったら「お前何やってんだ!同点の場面じゃないだろ!」ってなるんで。そこだけちょっと心配ですけどね。

 

 

以上です。

高木豊はたまに結果論で語るんですよね。そこを結果論で語るの?っていうことがけっこうあります。

おすすめの記事