201984日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦でプロ入り初の1試合4安打をマークした広島カープの會澤翼の打撃について元中日の谷沢健一、元日ハムの岩本勉、元近鉄西武の金村義明がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この日の會澤の打撃内容
1打席目 ライト前ヒット(打点1)
2打席目 センター前ヒット(打点1)
3打席目 ショート内野安打
4打席目 レフト前ヒット(打点1)
シーズン打率.273(8/4の試合終了時点)
キャリア初の1試合4安打!

 

アナ 広島が阪神に勝利し5カード連続の勝ち越しとなりました。

 

岩本 そうですね。その中で5番の會澤がキャリア初らしいんですけど1試合4安打。谷沢さん、右へ左へ4安打で調子が上がってきてますね。

 

谷沢 このへんの配球の読みというのはキャッチャーだから出来るのかもしれないけど、でもバッターとしての読みは非常に深いものがありますよね。

 

岩本 はい。

 

谷沢 1打席目に打ったのはチェンジアップで、4打席目にはツーシームを打ったりね。このへんの変化球に合わせる能力がありますよね。

 

岩本 なるほど。金村さんは會澤のバッティングをどう見られていますか?

 

金村 もともとバッティングは素晴らしいものがありましたからね。

 

岩本 はい。

 

金村 肩が開かないですし、右にも大きいのが打てますしね。まあ4安打というのも會澤なら別にいつでも出来るもんだと思いますけどね。

 

岩本 今後は勝負強さも見せてくれるでしょうね。

 

金村 會澤が今日は4安打しましたけど、菊地にしても16試合連続安打、それに鈴木誠也・バティスタ・メヒアと恐ろしい打線になりましたよね。

 

岩本 うんうん。

 

金村 もう連敗していた時のイメージは全くないですね。

 

岩本 あっ、もう打線全体な活発であると。

 

金村 はい。

 

岩本 カープはぐいぐい調子を上げています。

 

 

以上です。

打てるキャッチャーがいるとチームは強いです。
おすすめの記事