2021年4月9日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初ホームランと逆転ホームランを放った埼玉西武ライオンズの愛斗について、そしてドラフト4位ルーキーの若林楽人について元横浜の野村弘樹、同じく元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



愛斗のヒーローインタビューの一部

愛斗 1本目は打った瞬間に入ったと思いました。2本目は呉さんが繋いでくれたんで、何としても3塁ランナーを帰そうと思って打席に入りました。このまま打ち続けてシーズン1年間戦えるようにしたいです。

 

 

愛斗を語る

この日の愛斗の打撃内容
1打席目 レフトホームラン(打点1)
2打席目 ファーストゴロ
3打席目 ショートゴロ
4打席目 右中間ホームラン(打点3)
率.429 本2 点4(4/9の試合終了時点)
プロ初&逆転ホームラン!

 

稲村 西武がロッテに逆転勝利で連敗ストップです。何と言っても愛斗選手が素晴らしかったですね。

 

野村 素晴らしいです。真中さん、2本のホームランに4打点とやっぱり力強いですね。

 

真中 スイングが強いし長打が魅力ですよね。何か西武ってこういう選手が出てきますよね。

 

野村 若い選手はみんなスイングが強いですよね。明雄さん、西武の選手は体も強いしスイングもしっかりしてますね。

 

斎藤 もちろん上体も強いんだけど、下半身でスイングしてる感じ。下半身が粘れて強いスイングが出来てるのかなと思いますよね。だから2本目のホームランも普通に外野フライかなあと思ったらホームランテラスに入ってるから相当パワーがあるね。

 

野村 西武はよく振り込むからね。

 

真中 そうですね。中村と栗山がいない中、全然カバーできちゃってますからね(笑)

 

野村 本当に層が厚いですねぇ。

 

ここから若林楽人について

 

この日の若林の打撃内容
1打席目 レフト前ヒット
2打席目 フォアボール
3打席目 ライトフライ
4打席目 フォアボール
5打席目 見逃し三振
率.350 本1 点3 盗6

 

野村 そしてルーキーの若林が初スタメン。盗塁も決めてパ・リーグトップの6盗塁ですよ。

 

真中 この若林選手も打って走って勢いがありますよね。

 

野村 やはり足が速いのが武器になりますね。今日も盗塁を決めてますし打つだけじゃない。

 

真中 そうなんですよ。新人の選手って足が速くても意外と盗塁のスタートを切れない事があるんですよ。

 

野村 思い切りの良さが出せなかったりしますよね。

 

真中 なかなかスタートを切れない中で盗塁6個も決めてますからね。

 

 

以上です。

愛斗に若林とまた若手が来てます。
おすすめの記事