2021年8月26日vs.横浜DeNAベイスターズ@京セラドーム大阪の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガンケル―及川―馬場―浜地

横浜 坂本櫻井―平田―伊勢

 

阪神は1回裏に近本の先頭打者ホームランで先制。直後の2回表にDeNAはオースティンのソロで同点。3回裏に阪神はサンズの2ランなどで一挙に4点取る。6回表にDeNAはロハスのトンネルエラーで1点取り3点差。阪神は7回裏に3点追加で再び突き放し6点差とする。その後、両チーム共に少し点を取り最終スコア9-3で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

7回途中2失点の先発ガンケルのついて

矢野 今日は期待以上の内容だった。ローテが安定するとチームに安心感が生まれる。全然ブランクを感じさせないピッチングだった。

 

―試合を通して

矢野 (昨日の試合後に貧打をボヤいたので)今日の試合前は北川コーチが一番ドキドキしてたと思うけど、チームが一丸となってよくやってくれた。近本が打つとチャンスメイクが出来るし、うちにとっても打線の一番のキーはチカだ。

 

―ファームで13連勝の大快進撃

矢野 13連勝で平田が一番喜んでるんじゃないですか。(※冗談口調で楽しそうに話していたみたいです)

 

 

以上です。

首位キープ。
おすすめの記事