2021年8月26日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で攻守にミスが目立った阪神タイガースについて元中日の井端弘和、元横浜の高木豊、元中日の谷沢健一がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



アナ 阪神がDeNAに大勝です。井端さん、阪神で気になるポイントは?

 

井端 阪神は勝ったとはいえ、非常にミスが目立つんですよね。

 

この日の阪神のミス
5回表 簡単なサードゴロで大山が1塁に悪送球
6回表 レフトロハスがトンネル
7回裏 中野が送りバント決めれず

 

高木 はい。

 

井端 相手がまだ下位で苦しんでいるチームだから、畳み掛けられずに済んだのかなと思うんですけど、これから巨人ヤクルトと戦う上ではミスの後に打たれるケースもあると思いますので。

 

高木 そうですよね。

 

井端 こういったサードのミスであったり、外野のトンネルであったりっていうところを減らしていかないといけないかなと思いよね。

 

高木 谷沢さん、阪神のミスがけっこう目立つようになってきてるんですよね。

 

谷沢 えぇ。リードしてる展開だけども、場合によっては流れが変わってしまう可能性があるからね。

 

高木 そうですね。

 

谷沢 大山のファーストへの悪送球なんかでもサンズが最近ファーストをやり出したから慣れてないせいもあってね、大山の球質っていうのを分かってないよね。

 

高木 うーん。

 

谷沢 サンズも慣れてないからノーバウンドで捕ろうか、ショートバウンドで捕ろうか、迷ってるよね。まあ大山のエラーには違いないんだけど、やっぱりサンズの判断ミスもあるよね。

 

 

以上です。

なんてことないサードゴロの送球をミスる大山はダメ過ぎます。
おすすめの記事