202037日に日本テレビで放送された『Going Sports&News』で赤星憲広が2020年のセ・リーグ順位予想を番組MCの上田晋也と共に語っています。

 



巨人と阪神についてしか語っていません。その他の4球団には言及なし。

赤星の順位予想

1位 巨人
2位 阪神
3位 中日
4位 広島
5位 DeNA
6位 ヤクルト

 

 

巨人について

上田 なるほど。巨人の連覇ということですか。

 

赤星 はい。ただ、去年よりも迷いました。(※赤星は2019年広島優勝予想)

 

上田 そうですか。

 

赤星 こういう順位予想をしましたけど、じゃあ巨人が絶対に優勝かと言ったらそうじゃない気がするんですよね。

 

上田 うーん。

 

赤星 だから難しかったんですけど、打線でいうと巨人は主軸が素晴らしいですよね。

 

巨人打線
2番・坂本 3番・丸 4番・岡本
→主軸が安定している

 

上田 はいはい。

 

赤星 もう揃ってますし、状態もいいですし、その巨人の中で僕がキーマンとして挙げたいのが吉川尚輝選手です。

 

上田 ほぉ。

 

赤星 去年は1番でスタートしたんですけど、怪我で離脱して貢献できなかったんですよね。やっぱり彼が入って機動力が使えるとなるとより活きるかなと。だから打線が去年より破壊力が増すと思います。

 

上田 じゃあ、セカンドは吉川尚輝選手でほぼ決まりじゃないかと。

 

赤星 彼を1番で使いたいですよね。

 

上田 投手陣では山口俊投手がアメリカに行きましたんで、その穴をどうやって埋めるのかなというのがあるんですけど。

 

赤星 もうそこが最大のポイントですよね。

 

上田 うんうん。

 

赤星 そこで僕がキーマンに挙げたいのが新外国人投手のサンチェス投手です。

 

サンチェス30歳
ストレートが武器で2019年に韓国リーグで17勝

 

上田 ほー。

 

赤星 正直、今オープン戦でかなり打ち込まれてるんですよね。調子が良くないんですよね。ただ、僕はコントロールで苦しむようなタイプのピッチャーではないと思いますし、韓国リーグでも17勝しているということは多分対応力があると思います。

 

上田 はい。

 

赤星 オープン戦で打たれてますけど、シーズン入れば対応してくれるのかなという気がするんですが、正直彼が活躍できなかったらジャイアンツは苦しくなる可能性があるかなと思います。

 

上田 あぁ、そうですか。サンチェス投手次第ということですね。

 

赤星 はい。

 

 

阪神について

上田 そして阪神が2位と。

 

赤星 はい。僕は打線のキーマンはボーア選手と思うんですけど、投手陣のキーマンとして高橋遥人投手。彼は3年目のピッチャーなんです。

 

高橋遥人24歳
ストレートが武器の3年目
昨年3勝9敗ながら奪三振率がリーグ1位(100投球回以上)

 

上田 うんうん。

 

赤星 彼は去年39敗なんですね。ただ、奪三振率がリーグ1位なんです。

 

上田 へぇー。

 

赤星 彼のストレートというのは、どこの球団の選手に聞いても「一番ストレートが素晴らしい」と。

 

上田 はい。

 

赤星 だから彼が2桁勝てば阪神の逆転もあり得るかなと思います。

 

上田 確かにキレのいいストレートを投げますからね。

 

赤星 はい。

 

 

以上です。

今年はどこが優勝してもおかしくないぐらい不確定要素が各チーム多い。
おすすめの記事