2018年9月23日 阪神金本監督の試合後コメント(敗戦) また巨人に負け

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2018年9月23日vs読売ジャイアンツ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 

【試合展開】

阪神の先発は青柳、巨人の先発は今村で始まる。両先発ともに無難な立ち上がり。2回裏には阪神が2アウト満塁のチャンスを作るが9番青柳が凡退。3回裏にも阪神は福留ヒット、糸井四球で2アウト1-2塁のチャンスを作るが大山が凡退。5回表に青柳は巨人にピンチを作られるが抑える。しかし、6回表に2アウトからマギー四球、岡本ヒットで1-2塁のピンチを作られて金本監督が継投で動き能見を投入、しかし阿部にタイムリーを打たれて先制されてしまう。1点差ゲームで阪神も7回裏に梅野がヒットで出て糸原もヒットで繋ぎ2アウト1-3塁で森越に代打鳥谷がタイムリーを打ち同点とする。同点直後の8回表の阪神ピッチャーは藤川球児が投げるが1アウトから岡本に四球を出してからピンチを作り立岡にタイムリーを打たれて1点勝ち越される。試合はこれで決まり最終スコア1-2で阪神の負け。スカイAの野球中継のレポートを参考に書いています。

【金本監督の試合後のコメント】

―試合の感想

金本 5回と最終回にスコアリングポジションに進めるんだがここ(甲子園)に来ると打てないな。どうしたものか。

―8回表に藤川が勝ち越される前の打者の長野を歩かせたことについて

金本 まあ、長打を気を付けてのフォアボール。

―6回表の青柳から能見へのスイッチについて

金本 阿部との対青柳の相性を考えてのことがあったしね。

―先発の青柳について

金本 先発の青柳は今までで一番の内容で良かったね。

以上です。

相変わらず甲子園で弱い。