2019年3月18日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でオリックスバファローズの開幕投手の山岡泰輔について元横浜の高木豊、同じく野村弘樹、元ヤクルト広島の苫篠賢治がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ オリックスは山岡泰輔投手が初の開幕投手ということで、野村さんが取材されてましたよね。

 

野村 キャンプ中に行ってきました。

 

 

高木 山岡はどう?

 

野村 山岡と山本由伸を見に行ってきましたけどね。非常にいい表情をしてます。その時はノースローだったので、残念ながら見れなかったんですけどね。

 

高木 はい。

 

野村 忘れもしないのは、彼がルーキーの時にオープン戦でマツダで7回無失点の試合があったんです。

 

高木 うん。

 

野村 あれ見た時に必ずこのピッチャーは二桁勝てると思ったんですよ。それから2年目に足踏みしてるんですよね。

 

高木 まだ二桁勝ってないでしょ?

 

野村 勝ってないですね。だから、3年目の今年はやると思いますね。

 

高木 僕も大好きなピッチャーなんですよ。

 

野村 投げっぷりがいいですしね。それで気持ちが勝負してるじゃないですか。

 

高木 そう。バブリーなの。

 

一同 (苦笑)

 

高木 打たれても抑えても。なんかバブリーな感じがするんだよね。

 

アナ へぇ・・・。

 

高木 「そんな小さなことを気にしてないぜ」みたいな。今年は気にしてほしいんだよね。ただ、援護がないわ。

 

野村 ルーキーイヤーもそうだったんですよね。

 

高木 ねぇ。

 

苫篠 それとやっぱり金髪のスゴいのしてたでしょ。まだ早いってぐらい。

 

高木 うーん。

 

苫篠 だからそういう部分では先輩がそういう格好してたでしょ。今年いなくなりましたけど。

 

高木 金子千尋っていう。

 

苫篠 はい。だから、同じような振る舞いをしてたらまだダメなんですよ。なのにしてたというのは、まだまだ甘いなと思ってたんですけど、金子と西がいなくなったことによって自覚が生まれるでしょ。俺が引っ張るんだという。

 

高木 なるほど。まあ、開幕投手を務めるわけですからね。

 

苫篠 はい。

 

最近6年間の開幕投手と監督

2013年 金子千尋(森脇)

2014年 金子千尋(森脇)

2015年 ディクソン(森脇)

2016年 金子千尋(福良)

2017年 金子千尋(福良)

2018年 西勇輝(福良)

 

以上です。

最後の苫篠は老害っぽいですね。

おすすめの記事