2018年4月1日にTBSで放送された「S-1」という番組でヤクルト、阪神、楽天で監督をした野村克也がこの日の巨人vs阪神の戦いをぼやき解説しています。なお、編集によって完全に巨人目線の解説となっております。

 



【この日の巨人のスタメンキャッチャー、ルーキーの大城卓三について】

野村 こういうキャッチャーをよく使うよね。自分がキャッチャー出身だからいかにキャッチャーが重要か考える。キャッチャーは野球というドラマの筋書きを書いているわけだから。キャッチャーがコロコロ代わるチームで優勝したためしがある?巨人V9時代の森祇晶とか西武黄金時代の伊東勤とか南海最強時代のなんとかとか。

 

スタッフ 野村さんでしょ?(笑)

 

野村 フフフ(笑)

 

 

【この日の先発野上の奥さんの石川梨華について】

野村 (石川梨華の写真を見て)美人だね。女優さん?幸せな人生を送ってるね。憧れの巨人に入って、こんなキレイな奥さんをもらって男としては羨ましい限りだね。

 

スタッフ モーニング娘。はご存知ですか?

 

野村 それは知ってるよ。

 

スタッフ 知っていますか。

 

野村 モーニング娘。を知らない人はいないだろう。いや、街で会って「モーニング娘。の人だ」というのは分からないよ。

 

 

【4回表に阪神ロサリオに来日初ホームランを打たれた1球について】

野村 便利な球だけどスライダーは勝負球では怖い。投球と会話しながらピッチングしないと。カウントを稼ぐ球、誘う球、見送らせる球という1球1球に目的がある。目的のない球は投げてはいけない。

 

 

【4回裏に逆転スリーランを打った岡本について】

野村 すっげ。もうノリにノッてるよ。今はみんなホームランゾーンに見えるんじゃないか。手をつけられないよ・・・そういう時期ってあるんだよね。自分の現役時代に例えると相手のピッチャーがバカに見える。バッターボックスに入ったらみんな俺の好きな所へ吸い込まれるように投げてくる。そういう時期ってあるんだよね。グーっと伸び盛りに時に。今の岡本はそういう状態。

 

 

【1点リードの8回に2試合連続で登板した上原について】

野村 投げっぷりがいいよね。「打てるなら打ってみやがれ」っていうのがフォームに表れている。もう体全体に闘争心をみなぎらせて投げるからバッターは気持ちの上で負けることもある。

 

 

【投げ終わった後の上原の強すぎるハイタッチにつて】

野村 パチパチはアメリカンスタイルだね。こういうのはムードメーカーになれるよね。単なるハイタッチだけど勢いがある。ベンチに帰っても声を出して手を叩いて。ピッチング以外にも上原の復帰にはプラスアルファがあるよな。

 

【ここで改めてノムさんの優勝予想】

野村 まあ、今年はジャイアンツだろうと思う。上原の加入は大きいわね。1番はやっぱり経験豊富だから。それを生かしたピッチングに味があるわな。

 

 

以上です。

ノムさんの解説はやっぱり面白いですね。完全に巨人目線だったのはスタッフがそういう編集したからなんでしょうけど阪神については無しだったのはどうなんでしょうか!

おすすめの記事