2019524日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で10連勝を達成した広島カープ。その原動力の3番バティスタについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日のバティスタの打撃内容

1打席目 見逃し三振

2打席目 レフトホームラン

3打席目 レフト前ヒット

4打席目 レフトホームラン

5打席目 空振り三振

 

 

バティスタのヒーローインタビューの一部

2本目のホームランは看板直撃

バティスタ カンペキな。いい感触だった。

 

―賞金100万円の近い道

バティスタ お母さんにプレゼントする。

 

 

江本と高木豊が語る

アナ 広島が巨人に勝利し10連勝。巨人の原監督も「クリーンアップにやや差が出た」とコメントを残していました。

 

高木 そうですね。

 

アナ それにしてもカープのクリーンアップですよね。

 

高木 強烈ですよね。江本さん、広島はバティスタがクリーンアップ3番に座ってから、勝敗が1321分なんですよ。だから10連勝の原動力なんですよね。

 

江本 うん。シーズン最初の出始めの頃は外目の変化球をセンター前ヒットとかであまりデカいのを打たなかった。

 

高木 そうですよね。

 

江本 それが徐々に徐々に慣れてきてデカいのを打つようになってきたね。まあチームのバッティングは全体的に相乗効果を生んできますね。

 

高木 はい。これまだまだ打ちますかね?

 

江本 まだ打つね。故障しない限りは。

 

高木 なるほど。

 

江本 これ他のチームは何か対策を考えないといけないですよ。

 

高木 そうですよね。広島は走り出してますよね。

 

江本 うん。これは明らかにクリーンアップ、バティスタと鈴木誠也をどうやって抑えるかというのを相手チームは徹底しないとダメですよ。

 

高木 なるほど。

 

アナ 西川選手もホームラン、鈴木選手もホームランですからクリーンアップ全員がホームランを打ちましたからね。

 

高木 そうですね。

 

 

以上です。

とにかくピッチャーがいい。独走状態に入りそうな気配です。
おすすめの記事