2019524日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で決勝打を打った阪神タイガースの4番大山悠輔について、ピンチを未然に防いだセカンド上本博紀のファインプレーについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



大山のヒーローインタビューの一部

大山 ランナーを返すことだけしか考えてなかったです。ピンチもあったんですけど、それを何とかチーム全員で乗り切ることができたので、何とか1点取ってチームに貢献したいと思っていたので、あの1点はチーム全員で取った1点だと思います。

 

 

大山の決勝打について

アナ 大山選手は頼もしくなってますね。

 

高木 笑顔がいいね。

 

アナ そうですね。それで今日の試合の分かれ目は球際でしたかね。

 

高木 そうですねぇ。江本さん、まずは7回表のノーアウト3塁から上本と糸井の2人凡打して、チャンスに4番の大山に回ってきたんですよ。

 

江本 ここでねぇ。

 

高木 ここで打ってくれましたよ。

 

江本 まあ4番というのはホームランばっかりじゃなくて、ここ一番でヒットを打つとかね。

 

高木 うんうん。

 

江本 そういうところで働くとチームが上がってくるという、これがいい例ですよ。

 

高木 そうですね。大山は4番らしくなってきましたか?

 

江本 まあまだまだ。もうちょっとデカいのを打ってほしいね。

 

高木 そこで欲が出てくるでしょ()

 

江本 うん。4番は大きいホームランも欲しいね。

 

 

上本の守備について

8回裏 ノーアウト1塁で筒香が打った1-2塁間を抜けそうな深い当たりを上本が捕り、1塁には投げず、すぐに2塁見て桑原が飛び出しているのを確認してすぐに2塁に送球しタッチアウト。ピンチを未然に防ぐプレーだった。

 

高木 そしてもう一つポイントになるプレーがありました。雅樹さん、上本の流れを完全に変えた守備。

 

斎藤 はい。

 

高木 8回裏ノーアウト1塁でセカンドの深い位置の当たりでね。恐らく1塁ランナーの動きを頭に描いていたと思うんですよ。

 

斎藤 そうですよね。これ普通だったらバッターランナーをアウトにしようと考えますよね。

 

高木 いきたいんだけど、そこは内野安打になると思ったんでしょうね。

 

斎藤 そうだと思いますよね。

 

高木 こういうところの判断が素晴らしかったと思いますよね。

 

アナ この辺がチームの勢いというのもあるんですかね。

 

高木 ただDeNAは阪神に7連敗。何なのかなと思いますよね。まあ相性なんですかねぇ。まあDeNAも頑張らなイカンでしょうね。

 

 

以上です。

相性がいいと自然といいプレーも出るんでしょうか。
おすすめの記事