2019524日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.広島カープ戦で敗戦しジワジワと差を広げられつつある読売ジャイアンツ。巨人は広島にどのように戦っていくべきかについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



今季の巨人の対広島
3/2930314/1617
5/3455/24

 

高木 巨人が浮上するにはもう広島を倒さないといけないんですけど、これ数字を見てみましょう。

 

GC
3勝1分5勝
.241打率.247
31得点29
5HR8
38四死34
0盗塁3
3.18防御率3.00
9失策8

 

高木 まだ53(5/24時点)とそんなに差が開いてないんですよね。

 

斎藤 はい。

 

高木 ただ去年のことがあるんで、数字を出してみたらほぼ互角なんですよ。

 

斎藤 そうですよね。

 

高木 これは何の差なんですかね?

 

斎藤 広島はソツのない点数の取り方をしますよね。今日だとバントヒットだったりとか、そういうのが広島は得意っていうのはありますよね。

 

高木 そういう11点が効いてきているんですかね。

 

斎藤 そうでしょうね。

 

高木 江本さん、今日でも牽制球で刺されました。ああいうミスが巨人にはあるんですよ。

 

江本 あれも痛いね。

 

高木 何の差があるんですかね?

 

江本 やっぱりクリーンアップの差じゃないの。

 

高木 なるほどね。今日はそれが顕著に出ましたね。

 

江本 去年は丸がいたしね。2017年、2018年とジャイアンツはダブルスコアでやられているわけだから。

 

高木 うんうん。

 

江本 まあそれを考えたらまだダブルにはなってないんだから。頑張れと言いたい。

 

斎藤 フフ()

 

高木 まあとにかく菅野が抹消されているんで。

 

アナ そうですよねぇ。

 

高木 それをどこで補っていくかってなったら、やっぱり打線。それもクリーンアップで補わないとね。特に4番の岡本は頑張らないといけないです。

 

アナ ゲーム差も2.0に広がったので明日(5/25)が重要になってきますね。

 

高木 重要です。

 

 

以上です。

また広島アレルギーが出てきているかもしれません。
おすすめの記事