2021年10月11日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2021」で埼玉西武ライオンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの山下剛と共に解説しています。

 



 

アナ 西武ライオンズは4球団競合で隅田知一郎を引き当てました。公言していた思いが実り指名権を獲得。指名後の会見では「大学生活でやり残したことがない」と言い切っていました。これを言ってこの日を迎えるというのはいいですね、小関さん。

 

小関 そうですね。そして西武は本当に左ピッチャーが12球団で一番いない球団なんです。

 

アナ はい(笑)

 

小関 本当にいない。だから一番力を発揮できる球団に入った。隅田にしても佐藤にしてもね。

 

アナ そうですね。西尾さんは西武のドラフトはいかがですか?

 

西尾 上2人が取れて、本当に良かったと思ってるでしょうね。そして3位の古賀選手も取りましたからね。この3人は大学トップクラスですからね。まあ、早川投手と比べたらそこまで凄い勝てるわけではないでしょうけど2年目からは3人とも戦力になる可能性は高いと思いますね。

 

アナ はい。

 

西尾 上3人は完成度の高い選手。そして下3人はガラっと完全な素材買いというか、スケールのある選手ですよね。ここのコントラスというか振り切り方が面白いですよね。

 

アナ ドラフトって作戦や流れなんだなと感じますよね。

 

西尾 まあ、これも上2人が取れたから出来た流れだと思いますね。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

上位3人で100点ドラフトでしょうね。
おすすめの記事