2021年10月11日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2021」で東京ヤクルトスワローズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの山下剛と共に解説しています。

 



 

アナ スワローズのドラフト1位指名は残念ながら隅田知一郎を競合の結果、指名権を得られませんでしたが、大学トップクラスのサウスポーの山下輝の交渉権を獲得しました。支配下指名が5人で育成指名1人でした。小関さん、いかがでしょう?

 

小関 2位と3位で意表を突かれた感じがしますね。

 

アナ うーん。

 

小関 こんなに評価が高いんだあという感じですね。2位の丸山なんかは高校の時から有名な選手ですね。

 

アナ そうですね。

 

小関 明治大学で活躍してますよね。

 

アナ 前橋育英出身ですが、けっこう山あいの地域で育ったという選手ですよね。

 

西尾 そうですね。少年野球でも人数の少ないチームでやってたみたいですからね。

 

小関 前橋育成時代にはピッチャーもやってましたよね。

 

アナ やってましたね。

 

西尾 いいピッチャーでしたよね。

 

アナ 身長174センチですが何でも出来そうな選手ですよね。

 

西尾 この秋は肉離れからの回復途上らしくて、リーグ戦の最後をギリギリ見てきましたけど、まだ少しかばってるかなっていう感じなんですがリーグ戦初のホームランを打って、パンチ力があるのを見せて、いいアピールをしてましたよね。

 

アナ そして3位の柴田大地選手のスカウト一言コメントで「156キロの本格派右腕でストレートとスプリットを投げ込むリリーバータイプ」との事です。やっぱり今年のヤクルトはマクガフを初め後ろのピッチャーフル稼働でやってますからね。

 

西尾 日体大時代に同じチームメイトになる吉田大喜選手とは同期なんですよね。だから遅れて柴田選手が加入して、吉田選手は頑張らないとってなるんじゃないですかね。

 

小関 柴田はちょっと映像で見ると、高めに抜けるような球があるんですけど、指にかかったら凄い球がいきますね。ほとんど150以上ですよね。

 

西尾 僕が見た時は17球だったんですけど、ストレートが12球か13球でほとんど平均が150以上でしたね。

 

小関 フォームもいいですよね。

 

アナ そして4位に小森、5位に竹山と高校生を指名したというヤクルトです。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

バランス良く指名しました。
おすすめの記事