2021年10月11日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2021」で阪神タイガースのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの山下剛と共に解説しています。

 



 

アナ タイガースは支配下指名が7人で育成指名が1人でした。まずドラフト1位指名が森木投手でした。指名後の会見では甲子園に出れなかった悔しさも語っていましたので反骨精神がありそうですよね。

 

西尾 そうですね。出れなかったんですけど、ただ中学生の頃から注目されていて、もう注目されることに慣れていると思うんですよね。

 

アナ そうですね。

 

西尾 そういう意味では阪神の高い注目度でもやっていけるんじゃないですかね。

 

アナ はい。そして2位、3位と大学生のピッチャーという事になり、4位に前川などの指名でした。

 

西尾 2位3位はどう使うのかは分からないんですけど、リリーフを見据えてなのかなという気がしますね。5位の岡留はリリーフだと思いますので。

 

アナ はい。

 

西尾 どうしても今は左に岩崎投手と岩貞投手がいますけど、ちょっとその後となると手薄な感じがありますので、その辺りも見据えてなのかなという感じがしますね。

 

アナ 球団のスカウト評では2位の鈴木勇人に関しては「スタミナも十分で先発ローテの一角も狙える」とコメントされていました。3位の桐敷に関しては「完成度が高く、自分の投球術を持っている ゲームメイク能力に長けている」とのことでした。まあ、これは現時点での評価ですので今後が楽しみです。

 

西尾 そうですね。

 

アナ 4位前川に関しては「名門校で1年生から中軸を任されたトップクラスのバッター」で5位岡留は「サイドからのパワーピッチャー」、6位豊田は「逆方向への長打、守備・走塁も魅力的」、7位中川は「バランス型捕手で広い視野を持つ チームリーダーとしても期待できる」という事でした。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

高校BIG3と左腕をしっかり補強しました。
おすすめの記事