吉田輝星のストレートの伸びについて赤星憲広が解説 2018年9月

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年9月2日に日本テレビで放送された「シューイチ」で金足農業高校の吉田輝星投手のストレートの球質について元阪神の赤星憲広が番組MCの中山秀征と日本テレビアナウンサーの佐藤義朗と共に語っています。

アナ 赤星さん、まず吉田投手のすごさはズバリ何でしょうか?

赤星 ズバリ『ノビる球質』です。

中山 ほー。

赤星 実際に物理的にノビるというかホップするというようなボールはないんですけど、ノビているように感じられる球質なんですね。

アナ 吉田投手のストレートにはどういう特徴があるんでしょうか?

赤星 普通のピッチャーだとストレートは重力で緩やかに落ちていってキャッチャーミットに入るんですね。

アナ バットの下にボールが通ると。

赤星 そうです。でも、吉田投手のストレートは緩やかに落ちていくボールがなかなか落ちてこずにバットの上をボールが通過するんですね。

アナ 当然、バッターとしてはバットの振る軌道にボールが来るだろうと思って振るわけですよね。

赤星 はい。でも、吉田投手の場合は何故かバットの上を通過するんですね。

中山 それが所謂、ホップするように感じるボールだと。

赤星 そう。ノビるように見える球質。何故それが起きるかと言うと、彼の投げるボールの回転数が多いからだと思うんですね。

中山 回転数の問題なんだ。

赤星 はい。

アナ ここでグラフを見て頂きたいんですけど、吉田投手は高校生平均はもちろんプロ野球平均よりもボールが伸びています。(※当ブログではグラフはありませんが、そういうグラフがモニターに表示されています)

中山 プロの平均よりも上なの?

赤星 もちろん、プロのピッチャーのボールは横に動いたりがあるんで一概には言えないんですけど。

中山 はい。

赤星 でも、吉田投手は回転数が多いがために重力に勝るボールを投げられる。

中山 普通のピッチャーの場合は重力に負けて緩やかに落ちてくるわけですもんね。

赤星 緩やかに落ちてくるんですけど、それに逆らってなるべく落ちてこないボールが投げられる。

中山 僕らから見て、ミットに収まる直前に速く見えるのはボールがノビていると。

赤星 はい。

アナ 赤星さん、プロの選手でそういうピッチャーがいますよね。

赤星 タイガースの藤川球児という投手。分かっていても空振りしてしまうという当時は言われていたんですけど、僕は彼の球質に近いんじゃないかと。

中山 なるほど。

赤星 ただ、プロはそのボールに対応してきます。巨人の井端コーチに現役時代に聞いたら、藤川君と対戦したときはボール2個分ズラして振りにいくと。

中山 そうなんだ。

赤星 そうするとピッタリ当たると。

アナ 2個分、高い所を狙う。

赤星 イメージよりも2個分、高い所を振りにいくとピッタリ合うと。

中山 藤川投手のすごい時はバットとボールがものすごく離れているのに空振りしていましたよね。

赤星 そういうことなんですよ。藤川投手は分かっていても当たらないボールを投げていたんですけど、吉田投手もそういうボールを投げられるという。

中山 吉田投手は真っ直ぐに特徴がありますけど、これから変化球も色々と投げるようになりますよね?

赤星 どんどん投げると思います。伸びしろはかなりあると思います。

以上です。

高校生で高回転のスピンボールを投げられるのがすごい。