2020621日にNHK総合で放送された『サンデースポーツ2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でプロ初登板、初先発となった広島カープのドラフト1位・森下暢仁のピッチングについて達川光男がNHKアナウンサーの大越健介と共に色々と語っています。

 



この日の森下の投球内容
7回104球 被安打4 奪三振8 四球2 失点0

 

大越 達川さんがセ・リーグの優勝予想に挙げたのは広島ですけれども、その理由は?

 

達川 広島は先発の野村祐輔をローテーションから外しても全く問題ないというね。

 

大越 はい。そして今日、キラ星が登板したじゃないですか。

 

達川 そうですね。森下はね、腕の振りがどの球種でも全て一緒で、そして度胸がめちゃめちゃありますね。

 

大越 うーん。

 

達川 やっぱり大舞台を経験してるというね。開幕前の練習試合ではちょっと打たれたんですがよね。

 

大越 そうでした。

 

達川 今日の登板でのカットボールも普通は振らないんですけど、腕の振りが一緒なんで振ってしまうんですよね。

 

大越 なるほど。

 

達川 そしてソフトバンクのギータ(柳田)が言ってましたけどね、「真っ直ぐのスピンがめちゃくちゃ利いてる」とね。

 

大越 へぇー。柳田選手が言っていたんですね。

 

達川 はい。言ってましたね。それでカーブの回転が多くて、非常に良いと。体力もむっちゃくちゃあります。

 

大越 それで問題はこの森下投手はこの長丁場のシーズンをこのままずっといけるかどうかですね。

 

達川 いけると思いますね。

 

大越 そうですか。

 

達川 今日の投球で自信を持ったと思います。何故かと言うと、立ち上がりがスゴく悪かったんですよ。途中から良くなっていって、5 6回辺りのピッチングは非の打ち所がない。

 

大越 素晴らしい。

 

達川 普通のシーズン途中のゲームなら継投せずにずっと投げさせてます。

 

大越 これオープン戦とかでちょっと課題を見つけてずっとやり続けてたんですかね。

 

達川 と言うよりも、ちょっと上手くいかなかったところを修正していったんだと思いますよ。

 

 

以上です。

ナンバーワンピッチャーですからね。こんなピッチャーを何のリスクもなく一本釣りできたのは最高ですね。
おすすめの記事