2018年8月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.DeNAベイスターズ戦の8回に1塁にヘッドスライディングをして骨折してしまった読売ジャイアンツの吉川尚輝について元横浜の野村弘樹、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の斉藤明雄がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【吉川尚輝の7月の打撃成績】

21試合、打率.386(70打数27安打)、本塁打2、打点15

 

 

稲村 心配なのが18試合連続ヒットを記録していた吉川尚輝選手なんですが、ヘッドスライディングをした際に左手を痛めて途中交代。そして、診断の結果、左手の骨折となりました。

 

野村 これ本人も痛いでしょうけど、チームも痛いと思うんですよね、苫篠さん。

 

苫篠 状態が上がってきていたしね。でも、吉川自身の立場を考えると、もう彼も必死なんですよ。だから、骨折で離脱することは本人にとっても痛いし、チームにとっても痛いです。

 

野村 はい。

 

苫篠 でも、これはしょうがないのかなと思いますね。彼の気持ちの表れですからねぇ。

 

野村 うーん。斎藤さんはいかがですか?

 

斎藤 私はヘッドスライディングをやるべきではないと思います。

 

野村 うーん。

 

斎藤 ファーストにはするべきじゃない。別にヘッドスライディングするのはいいんですけど、このヘッドスライディングは左手でベースを掴みにいっているんですよ。

 

野村 はい。

 

斎藤 だから、骨折したんじゃないかなと思うんですよね。

 

野村 まあ、苫篠さんも言いましたけど必死のプレーで骨折しようと思った飛び込んではないんでしょうけども、ついついああいうプレーになったということでね。

 

苫篠 頭で考えてプレーしていません。本能的にはヘッドスライディングをしたと思います。

 

野村 ですよねぇ。体が反応して突っ込んじゃったという状況だと思うんですよね。

 

斎藤 飛び込んだ時に横にピッチャーの濱口が見えたから、それよりも早くベースに到達したいという気持ちがああいうヘッドスライディングになったと思います。それと、ベースを掴むような感じでいってますからね。あれだと自分の体重もあるし、勢いもあるから、相当いってんじゃない?折れ方も酷いかもしれない。ひょっとしたら。

 

野村 うーん。連続安打も続いていただけにね。

 

稲村 そうですね。

 

野村 調子が良かっただけに残念ですけど、とにかく早く治して帰ってきてほしいです。

 

 

以上です。

笘篠は本能だから仕方ないと言っています。明雄は危ないから、怪我するからダメだと言っています。自分は明雄派です。怪我したら迷惑掛けることになりますからねぇ。冷静にならないといけない。

おすすめの記事