2019年1月にフジテレビONEで放送された『プロ野球 ここだけの話』で横浜、中日で活躍した谷繁元信がキャッチャーミットのこだわりをフジテレビアナウンサーや古田敦也と共に語っています。

 



アナ 谷繁さんのミットのこだわりはどういったものでしたか?

 

谷繁 薄さ軽さというのは必要なんですけど、僕は古田さんよりは一回り小さいですね。

 

 

古田 うん。

 

アナ そうですね。

 

谷繁 僕は小さい方が操作しやすいんで。

 

アナ はい。

 

谷繁 あとポケットは、ポケットというのはボールを捕る所ですね。これが僕のは少し深いですね。

 

アナ 古田さんのと比べても深いですね。

 

古田 このミットは深いよ。僕らじゃ使えない。

 

アナ 深いとどういう利点とかがあるんですか?

 

谷繁 まずボールが出ていかないのが利点ですね。

 

アナ なるほど。

 

谷繁 あとはミットの中でボールが遊ばないというか。例えばミットのポケットよりも少し上に当たるとするじゃないですか。

 

アナ はい。

 

谷繁 これがちょっと浅いと、最終的にポケットに収まってこないんですよ。でも、僕のミットのように深いとポケットに当たらなくても最後にはポケットに収まる形になるんですね。

 

アナ へぇー。

 

谷繁 あと考えたのはタッチプレーを考えた時に、片手でちょっと握ればボールが出ていかないんですよ。

 

アナ うんうん。

 

谷繁 あとはこの先(ネットの部分)をどっちかというと僕は絞める。

 

 

アナ はい。

 

 

谷繁 けっこう今のキャッチャーとか古田さんも先がゆるいんです。

 

古田 僕はゆるいです。

 

アナ あっ、この紐の部分に余裕があると。

 

古田 ネットの部分ですね。

 

 

谷繁 僕はそこを絞めるんですよ。

 

アナ 全然違いますね。

 

谷繁 これを何故絞めるかと言うと、先ほどと一緒でミットをギュッ握った時にボールが遊ばないようにするためですね。

 

古田 僕の場合はプロのボールって速いんで、キュッと曲がった時にネットの所で引っ掛かってくれっていうのがあるんですよ。

 

アナ なるほど。なので緩めるんですね。

 

古田 いつもいつもポケットでは捕れないんですよ。ポケットで捕りたいんですけど、色々な状況があるんで。

 

アナ はい。

 

古田 上手いキャッチャーっていうはハッキリ言って小さいミットを使うんです。

 

アナ そうなんですか。

 

古田 よくそう言われるんです。「俺は上手いから小さいのも使えるよ」っていうアピールもあるんです。

 

アナ なるほど(笑)

 

古田 僕も小さいのを使っていたんですよ。ただプロに入ってデカい方がいいんですよ。球が速いとパスボールをやっちゃうんで、ちょっとずつデカくなって、規定いっぱいで。石井一久なんかがワンバン投げてきたら体で止めようがないんですよ。

 

アナ 球も速いし。

 

古田 そう。ミットを出してギリギリ当たってくれとやったら当たってくれたりするんですよ。デカいとそういうこともありました。ちょっと大きめです。

 

 

以上です。

最後は古田のお話でしたが谷繁は小さくて深いミットでした。

おすすめの記事