2018年12月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース 年末大反省会」で正式に監督に就任した東北楽天ゴールデンイーグルスの平石洋介監督について谷繁元信、立浪和義、野村弘樹、デーブ大久保がアナウンサーと共に語っています。

 



アナ 谷繁さん、楽天の平石監督は若い監督ですが頑張ってほしいですね。

 

谷繁 まあ、今年は半分以上やりましたしね。それで2軍監督の経験もありますし、若い選手も彼がずっと見てる選手も多いですから、その点では戸惑いとかはないんだと思います。

 

アナ なるほど。立浪さん、PL学園出身の監督です。

 

立浪 若いですけどスゴいですよね。デーブさんの下でもやっておられたんですよね。

 

デーブ そうそうそう。

 

立浪 いい野球をしっかりと学んだと思いますね。

 

どこからか笑いが漏れる

 

立浪 えっ、なんでしょう?(苦笑)

 

アナ 野村さんはどうですか?

 

野村 立浪さんがしっかり喋ってくれましたんで。ちょっと微妙な空気が流れたんで入りづらいんで(苦笑)

 

アナ でも入って頂いて。

 

野村 まあPLで後輩ですし、それで谷繁さんが言われたように今年経験してるんで、頑張った時期もあったんでね。まあ、なんとか来年はやり返してもらいたいですね。

 

大久保 僕はちょっと思うんですけど、星野監督が病気されて代行の代行をやった時は楽しかったんですよ。プレッシャーがないから。

 

アナ うーん。

 

大久保 それで本当に監督になって楽しいのは今からキャンプまでなんですよ。周りからは「監督、監督」と言われて自分で調子乗るなよと律しないと監督と言われると図に乗ってくるんですよ。どこでご飯を食べても「監督、監督」と言われる訳だし、それがオープン戦に入った途端に勝ち負けが出てくるから。

 

アナ うん。

 

大久保 石井一久も苦しくなるのはこれからなんです。今のところ一回も勝ち負けないんだから。

 

アナ なるほど。

 

大久保 それでオープン戦からみんな解説者とかファンが「今は3勝7敗でこれだけ負けてる!」とかなりますと、もう地獄ですから。それでシーズンに入ったら大地獄。

 

一同 (笑)

 

大久保 1敗が1000敗ぐらいに感じるから。

 

 

以上です。

監督よりも戦力が大事ですけど負けまくるとツラいです。

おすすめの記事