202093日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で先発し、この日も不調で開幕7連敗となった広島カープのクリス・ジョンソンについて元横浜の高木豊、元中日の立浪和義がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 広島が中日に敗れてカード負け越し。立浪さん、この試合の気になるところはどこだったでしょうか?

 

立浪 やはり広島の先発のジョンソン投手ですよね。

 

この日のジョンソンの投球内容
4回61球 被安打4 奪三振3 四球2 失点5
今季0勝7敗 防御率6.10(9/3の試合終了時点)
外国人投手ワーストタイの開幕7連敗・・・

 

立浪 今日いきなり先制ホームランを福田選手に打たれたんですよね。

 

高木 そうでした。

 

立浪 やっぱり良かった時よりも明らかに腕の振りが弱いですよね。

 

高木 ちょっと力感がないというか。

 

立浪 力感がなさ過ぎますよね。

 

高木 そうですよね。

 

立浪 そして勝負球で真ん中の高めに集まるボールが多いので簡単に点を失うと言いますかね。

 

高木 うんうん。それでずっと追って見ていると、ピッチャーに打たれるケースが物凄く多いんですよね。

 

立浪 前回もそうでしたよね。

 

高木 前回はDeNAの井納に打たれてね。

 

立浪 決して油断してるわけではないと思うんですけど、明らかに球に力がなくなってるのかなと今日見ていて思いましたね。

 

高木 ジョンソンのいい時って、右バッターに対してドンドン入っていくカットボールがあったじゃないですか。

 

立浪 そうですね。だからインサイドの出し入れだけで右バッターを抑えられいたんですけど、今はそれがなかなか決まらないですよね。

 

高木 なるほど。

 

 

以上です。

今だけなのか、もうダメになったんでしょうかね。
おすすめの記事