202093日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で1440日ぶりに先発登板し勝ち負けは付かなかったものの、52失点と好投を見せたオリックスバファローズの増井浩俊について元横浜の高木豊、元中日の立浪和義、元巨人の松本匡史がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 オリックスはソフトバンクに敗れて連勝がストップしました。

 

高木 その中で増井が抑えから先発に変わって、非常にいい投球をしたと思うんですよ。立浪さんは先発の増井をどう見ます?

 

この日の増井の投球内容
5回78球 被安打4 奪三振8 四球0 失点2

 

立浪 抑えをやってる時というのは1点競った場面ですから、真っ直ぐとフォークだけっていう感じだったんですけど、やっぱり先発になった事によってちょっと余裕があるというか、縮こまって投げるような感じにはなってないですよね。

 

高木 そうですよね。ちょっと余裕を感じられましたよね。

 

立浪 えぇ。

 

高木 そして5イニング投げて8奪三振と、三振が取れるのはいいですよね。

 

立浪 そこはやっぱり抑えをやっていた投手ですし、フォークボールがやっぱりいいですよね。

 

高木 ですよね。

 

立浪 真っ直ぐもキレがいいというか、ベース板の上で伸びるボールを投げられるピッチャーですからね。

 

高木 そうですね。松本さん、増井の投球はどうでしたか?

 

松本 フォークとカーブが低めに決まっていて、非常にいい投球をしているなと感じましたね。

 

高木 そうですよね。

 

松本 これまでは変化球が決まってなくてね、ちょっと浮いてしまう事が多かったんですよね。まあ、今日は見事なピッチングをしてましたよね。

 

高木 そうですよね。オリックスはこれで増井・田嶋・山本由伸・山岡と先発の駒が揃ってくると、なかなかいい投手陣ですよね。

 

立浪 そうですよね。先発ピッチャーが揃っていますから、もっともっと上がっていかないといけないですよね。

 

高木 来る予感がしますけどね。

 

稲村 まだまだこれからですね。

 

高木 そうですね。

 

 

以上です。

先発の方が内容がいいですね。
おすすめの記事