2018年6月30日のvs.ヤクルト戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

この日の先発は阪神・岩貞、ヤクルト・ハフで試合が始まりました。初回に阪神は不安定なハフをボコボコに打ちまくり一挙6点を取る。1回裏の阪神の岩貞は先頭打者にいきなりヒットを打たれて2番の青木には頭部死球で危険球退場となる。阪神はいきなりの継投になる苦しい展開となる。その後を引き継いだ2番手の才木はピンチを広げるも1失点で切り抜ける。続く2回表も不安定なハフを阪神打線が攻め3得点。5回表にはハフから代わった山中をボコボコ打ちまくり4得点。阪神2番手で登板した才木は最終的に6回まで投げ切り先発と変わらない仕事をやり遂げる。7回裏には久々にマテオが登板するも山田哲人に2ランを浴びてしまいマテオは良い1軍復帰登板にならず。8回裏にも1軍復帰登板となる高橋聡文が投げて無失点。9回表には阪神が2点追加し更にダメ押し。9回裏は伊藤和雄が投げて満塁ホームランを打たれてヤクルトファンに大サービスをして試合が終了し最終スコア15-7で阪神が勝利。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。



 

【金本監督の試合後のコメント】

―緊急登板となった才木について

金本 緊急登板で初回によう1点で耐えた。(6回まで投げて)もう1イニングいけたかなというのはあったんだけど、いきなりの登板だったし。でも、今日の才木の登板は大きかった。5回あたりでは苦しかったけどもそこを踏ん張ってしんどい場面でも投げ切ったのは成長じゃないかな。

 

―才木に続く継投について

金本 点差があったんでマテオと高橋聡文に投げさせたんだ。

 

―好調な打線について

金本 昨日(6/29)はホームラン3本出たけど、今日はなしで15点だ。球場もあるのかな。やっぱり甲子園だと広いから力が入ったりするのかな。でも、得点圏でもタイムリーが出ているので非常に打線はいい感じなんじゃないかな。

 

 

今日はとにかく才木に尽きるという感じで話していたようです

 

 

以上です。

高卒2年目の才木が緊急登板で6イニングをキッチリと抑えました。本当に立派です。岩貞は青木に謝罪しないといけませんね。なお、膝にデッドボールを受けた糸井は普通に歩きながらクラブハウスに引き上げたようです。

おすすめの記事