2021年5月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でドラフト制の新人で最速の10号を放った阪神タイガースの佐藤輝明について、そして今季初スタメンで初ホームランを放った糸井嘉男について元横浜の野村弘樹、元ロッテの里崎智也、元阪神ダイエーの池田親興がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 阪神はDeNAに敗れましたがいかがでしたか?

 

野村 里崎さん、やはり佐藤選手ですかね。

 

今季の佐藤の成績
打率.262 本塁打10 打点26
本塁打・打点ともにトップタイで2冠

 

里崎 そうですね。もうホームランと打点でトップタイですよね。

 

野村 33試合目で10本だから、ドラフト制の新人では横浜・村田修一を抜く最速記録なりました。

 

里崎 しかも今日はインハイを打ったという事で今後はもっと率が上がると思いますね。

 

稲村 へぇー。

 

里崎 今まではあそこのインコースを投げておけば長打がないと踏んで投げていたんですよ。

 

 

里崎 それが今回のホームランでインハイを打ち返して、「もうインコース一辺倒も危ないな」というのが各球団の資料になると思うんです。そうなってくると佐藤の得意の外寄りの球も投げてくるようになるし半速球もありますんで、ひょっとしたら率も上がってくる可能性があります。

 

野村 今日のホームランは今後の佐藤のカギになると思います。

 

里崎 そうですね。ここをターニングポイントとしてちょっと覚えておいた方がいいですよね。

 

野村 あのインハイをホームラン。しかも特大ですからね。

 

ここから糸井について

 

稲村 そして糸井選手が今シーズン初スタメンでした。

 

今季の糸井の成績
打率.250 本塁打1 打点1

 

野村 チカさん、糸井が待ちに待った初スタメンで結果を出しました。

 

池田 佐藤の刺激になってると思いますね。やっぱり「俺もおるぞ」というホームランになりましたよね。

 

野村 初スタメンでしっかりと結果を出して、大山が故障で2軍落ちして、佐藤がサードに回りましたから、やっぱり糸井は力強いですからね。まだまだ頑張ってほしいですよね。

 

稲村 そうですね。

 

 

以上です。

業務スーパー弾。
おすすめの記事