2021年9月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2000本安打を達成した埼玉西武ライオンズの栗山巧について元中日の谷沢健一と立浪和義がフリーアナウンサーの垣花正と共に語っています。

 



通算成績
2041試合 率.281(7113打数2000安打) 本117 点840
最多安打(2008) ベストナイン(2008,2010,2011,2020)
ゴールデングラブ賞(2010)

 

アナ 2000本安打は史上54人目の快挙。そして西武の生え抜きとしては初という事です。谷沢さん、いかがですか?

 

谷沢 20年間積み上げてきてね。そして打った瞬間でも淡々としていて静かな男という感じがしたね。本当は喜びたいんだろうけど、静かにね。彼の性格が出てますよね。

 

アナ 立浪さんはいかがですか?

 

立浪 1800本を超えた辺りから注目して見ていたんですけど、試合に出たり出なかったりの時期もありましたから、一時期はどうかなと思ったんですけど、記録が達成できたのはもちろん技術もありますが節制もありますよね。年齢が今年で38歳ですから本人も頑張って達成したのは、心からおめでとうございますと言いたいですね。

 

アナ そうですね。栗山選手が1軍に定着したのが4年目以降という事で。その時期の栗山選手のバッティングも含めて、若い頃の栗山選手を立浪さんはどう見ていました?

 

立浪 センスがいいなという印象で見ていましたし、対戦もしていましたので勝負強いバッターだという印象が残ってますね。

 

アナ 立浪さんに通じるところもありますかね?

 

立浪 自分よりもホームランを多く打ってますのでいい選手だと思います。(※実際は立浪さんの方が通算ホームランは多いので勘違いしてるのかなと思います)

 

谷沢 うん。バッティングスタイルはよく似てますよね。そして彼はフォロースルーの時にほとんど手を離さない。キッチリと握って最後まで両手で振り切るというね。それは若手に対するお手本ですよね。今は片手で振り上げる選手が多い中で、何と言うか昭和の匂いというか、我々と同じような匂いがするような選手ですね。

 

アナ ある意味そういったところも含めて、チームリーダーとしての資質もズバ抜けてたのかもしれませんね。

 

谷沢 もともとのポジションはセンターでしたからね。そこでセンターを外されてレフトに行って、そして怪我をしたりして、色々な経験もしましたよね。

 

アナ 年別の成績を見ますと、2008年にシーズン最多安打をマークしたんですけど、この年にチームは日本一にも輝いているというね。

 

谷沢 えぇ。この頃にインタビューしましたよ。真摯に話してくれるしね。

 

アナ そして2012年から2016年まではキャプテンとしてチームを引っ張りました。立浪さん、チームリーダーとしての責任感も問われますよね。

 

立浪 内野手と外野手は違いますけど、やっぱりチームにスゴく若い選手に色んな意味でいいお手本になるような、そういう人望があると思いますね。性格が素晴らしい選手だと思いますね。

 

アナ それでは試合後の会見です。

 

 

栗山の会見
―2000本安打達成
栗山 2000本という目標が見えてきて、今年中に達成できてホッとしてます。

―2000安打の打席
栗山 牧田投手から記念になるようなホームランを打ちたいと思って、そのぐらいの気持ちで打席に立とうと思って。感触はしっかりとは覚えてないんですけど、なんとなく芯に当たったなと。ファンの方からの歓声と、ベンチからの「よっしゃ!」という声で、『あっヒットだったんだ』という感じでした。

―炭谷からの花束
栗山 「良かったですね」って言われたんですけど、良かったですねって何やねんと思いながらね(笑) まぁ、「ありがとう」と「銀仁朗も頑張れ」という話もしました。

―中村剛也からの花束
栗山 おかわりも笑顔で来てくれたんで、ちょっとぎこちなかったかもしれないですけど、お互いに笑顔で「ありがとう」と「サンペイも頑張ってくれよ」と、そんな話をしました。

―西武で生え抜き初の2000安打達成
栗山 たまたま僕が生え抜きでは初めてという事になりましたけど、本当に先輩たちの背中を追い掛けてやって来ましたので、あまり自分がどうこうっていうのはなくて、また次に向けて頑張っていきたいなっていう、そっちに気を向けていきたいなと思っています。

―次の目標
栗山 次の目標という明確な数字はないですけど、これから最大限、自分の出来ることをこれからもやっていって、皆さんに期待されるような、そんな選手になっていけたらいいなと思ってます。

 

以上です。

まだまだ打ちそうです。
おすすめの記事