2018年9月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日に引退を表明した広島カープの新井貴浩について、広島カープの様々な選手と阪神タイガースの金本知憲と福岡ソフトバンクホークスの達川光男がコメントしています。

 



広島 小窪哲也

小窪 僕が選手会長になったときに不安ばっかりで一番に声を掛けてくれたり、相談に乗ってくれたのが新井さんなんで、みんなで最後に日本一になりたいと言っていたので、一番の目標である日本一に何とかなれるように新井さんと一緒に頑張っていきたいと思います。

 

広島 會澤翼

會澤 兄貴って感じですね。寂しいですね。本当に寂しいの一言ですね。

 

広島 菊地涼介

菊地 人間的にも野球人としてでも、本当に育ててくれたお兄ちゃん。そのような感じですね。

 

広島 鈴木誠也

鈴木 自分を犠牲にしてでもとにかくランナーを進めるであったり、1点を取りにいく姿勢というのは帰って来たときからずっと見させてもらっているので、いつかはああいう選手になりたいなという思いで今もずっとやっています。

 

広島 野村祐輔

野村 湯布院でのリハビリキャンプのときにピッチャー陣はお前が引っ張っていけよと言われたことをすごく鮮明に覚えています。もう少し一緒に長く野球をやらせてもらいたかったなと思います。

 

広島 石原慶幸

石原 日本一という形で、最高の形で送り出すことができればと思っているんで、チーム全員で最高の形で送り出せるように頑張っていきたいと思います。

 

阪神 金本知憲

金本 弟みたいな存在で、若い時にもよく食事しながら教育したり、練習することの大切さとか、全力プレーを常にしなさいとか、そういう話をよくしてまして、本当に彼の明るさと言いますか、彼のキャラクターは今のカープの強さの根底にあるんじゃないのかなと僕は思っていますね。

 

ソフトバンク 達川光男

達川 とてもじゃないけどね、2,3年でこの業界から姿を消すんじゃないかなというところからね、まさか2000本打つとは思いませんでしたね。彼は心が優しいんで、まだできるんだけど、やっぱり後輩にチャンスを譲ろうという気持ちで決断したんじゃないですかね。まあ、よう頑張ったのお!っと言ってあげたいですね。本当によう頑張りました。

 

 

以上です。

おすすめの記事